Monthly Archives: 4月 2014

淡路島の生しらすが、解禁されました。

淡路島のあわじ花さじきは、行く春を惜しむように、菜の花が、花から結実に向かっています。 淡路(1) 淡路島の生しらすが、(>続きを読む)

スローな生活を沖縄で味わっています。

スローな生活を沖縄でするには、急がないという頭の切替が必要です。  第146回沖縄訪問(10) すっぽん館を出て、これか(>続きを読む)

慌ただしい朝ご飯は、パンと、ミルクかコーヒーが多いようです。

落ち着いた朝ご飯は、奥さんが朝早く、一品一品の食材を、丁寧に調理してくれています。おかげで季節も、産地も、頭の中に浮かん(>続きを読む)

沖縄ハムの会長、長濱徳松さんの経営手腕は、長寿に繋がる事業展

沖縄ハム(オキハム)の読谷工場では、すっぽんの養殖事業を行っています。すっぽん料理を頂きます。  第146回沖縄訪問(9(>続きを読む)

兵庫県立大学大学院経営学研究科の、MBAの会は継続しています

兵庫県立大学大学院経営学研究科の、MBAの会は、世話人が集まって、懇親会について協議しました。 兵庫県立大学大学院経営学(>続きを読む)

沖縄リゾートの始まりは、恩納村のムーンビーチからです。

沖縄リゾートの始まりは、恩納村の山田温泉と、ムーンビーチでのバーベキューからです。  第146回沖縄訪問(8) 沖縄に来(>続きを読む)

尾道と言えば、株式会社オオニシの手羽先ブロイラーです。

尾道のオオニシの手羽先ブロイラーは、秘密のケンミンSHOWで知りました。沢山取り寄せて、社員におつまみとして差し上げまし(>続きを読む)

東洋飯店で、金城家の皆さんとお祝いの食事会です。

東洋飯店のコース料理は、出てくるピッチが早いので、もう少しゆっくりしてくださいとお願いしました。 第146回沖縄訪問(7(>続きを読む)

久宗立体農業研究所から、蕨(わらび)が届きました。ワラビのあ

久宗立体農業研究所:わらびのあく抜きや、筍のあく抜きを、どんなきっかけで昔の人は見つけたのでしょうか? 岡山県津山市の友(>続きを読む)

ミネルヴァの梟(フクロウ)は、夜飛び立つように、松葉博雄も黄

ミネルヴァの梟(フクロウ)は、知恵の象徴ですが、松葉博雄の黄昏どきは飲み始めです。 第146回沖縄訪問(6) 嘉津宇岳か(>続きを読む)