東灘区の中華料理「麒麟-Kirin-(きりん)」で、U君の誕生日会と私のお祝い会です。

中華料理Kirinnのオーナーは、橋本秀一さんです。なかなか予約がとりにくい人気の高い中華料理のお店です。

U君の誕生会と私のお祝いをかねて、中華料理「麒麟(きりん)」で、食事会をしました。

麒麟は、好きなお店の一つです。ところが、最近すっかりご無沙汰しています。

2008年11月には、この年の9月に亡くなった愛犬りんりんの四十九日の法要を、麒麟で行いました。

中華料理麒麟の予約は絶対していかないと、突然行っても空席はありません。

麒麟のシステムは、夕食は時間が決まった、二部制になっています。

最初は、5時半からの予約です。メニューは選べますが、料理人の都合に合わせて作っているので、予約しないで途中から参加しようとしても、なかなか席は取れません。

ここは入り口が狭く、細長いお店です。

ドアを開けて入っていくと、5時半からの第一部を予約したお客様でいっぱいでした。

大人はおよそ20人ぐらいで満席です。

注文するメニューは、壁に書かれているおすすめメニューが中心です。

今日は一番奥の席で、調理場がのぞき見できる場所です。

麒麟のオーナーは橋本秀一さんで、厨房では橋本秀一さんが一人で全員の料理を作っていました。

最初に出るのは、ビールと一緒に頂く貝のしじみ料理です。

次に、中華風鯛の造りです。

鯛の刺身のそばに、ピーナツと餃子の皮のフライが用意されていて、これを給仕係がスプーンで混ぜ合わせます。

上手な給仕係は、素早くまんべんなく混ぜ合わすことができますが、今夜の給仕係は、男子学生アルバイトのようで、まだ慣れないのか、もどかしく混ぜています。

U君は、11月の誕生日を迎えて、8才になりました。

伸長も伸びて、だんだんとお兄ちゃんらしくなっています。

水泳が上手になっています。今では100mの個人メドレーができるそうです。

個人メドレーは、自由形、平泳ぎ、バタフライ、背泳ぎの4つのスタイルでリレーします。

タイムを聞くと、なかなかのいいタイムです。いつか、私と競泳したいものです。

Mちゃんは4才になります。かなりよく喋るようになりました。

甘え上手で、おじいちゃんのところにやってきて、お誕生日のプレゼントのおねだりをされました。

Mちゃんに、U君が耳元でこっそりささやくと、お兄ちゃんの言われたとおりに、Mちゃんは行動します。

料理は、茄子の冷製、蒸し餃子と、活ミル貝中華風と続きます。

U君は食欲旺盛で、Mちゃんの分まで狙っています。

厨房を見れば、オーナーの橋本秀一さんは、黙々と調理を続けています。

今夜のお客様は、大人は20名以上もいます。

それを一人で注文料理をこなしているのですから、大したものです。

中華料理麒麟が、スタート時間を決めていることにも頷けます。

スタートを決めれば、注文はバラバラであっても、全員の料理を計画的に作ることができます。

鳥の唐揚げの甘酢添えは、ぱりっと揚がって、さっぱりとした味で、今日1番の人気でした。

今夜は、あまりお酒が進んでいません。

U君のお父さんは、車の運転があるので、ビールは飲めません。

2010年12月に麒麟(きりん)に来た時は、家族の忘年会でした。

この年に初めてU君は麒麟での食事会に参加しています。

2010年12月のブログを見れば、U君は生まれたばかりで、赤ちゃんでした。

それが、2017年には個人メドレーリレーで100mを泳げるようになったのですから、大した成長です。

今夜の麒麟の食事は、どのお料理も美味しくて、全部食べきりました。

U君のお父さんは外科医なので、勤務がハードでなかなか一緒に食事会ができませんが、ちゃんと記念日にはスケジュール調整をして付き合ってくれます。

大変な賑わいの中だったので、Mちゃんの甲高い声があっても、騒音にかき消されるようで、周りに遠慮することがありませんでした。

最後の締めは、いつものように香港焼きそばです。

今夜は楽しい食事会でした。U君はどんどん成長して、いつか私も水泳で負ける日が来そうです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です