大阪市立大学大学院 明石芳彦教授の退職最終講義

大阪市立大学社会人大学院の立ち上げのメンバー、明石芳彦先生の退任最終講義です。 社長ブログ神戸/大阪市立大学大学院/明石芳彦先生退職/送別会

大阪市立大学社会人大学院の明石芳彦先生が、2016年3月末をもって、退任されます。

今日は退任最終講義が行われます。

明石芳彦先生と並んで退任されるのは、特任教授の長澤紘一先生、准教授の冨永千里先生です。

最終講義とあって、教室には社会人大学院生の生徒達で満席の状態です。

松葉博雄は、2007年4月に大阪市立大学大学院創造都市研究科博士後期課程に入学し、明石芳彦先生から博士論文作成の指導を受けてきました。

今日明石芳彦教授の最終講義のテーマは、『社会人大学院・アントレ分野での教育と私』がテーマです。

明石芳彦先生は、大阪市立大学大学院が社会人大学院を設立した当時の設立メンバーです。

この社会人大学院設立当時の思い出から、講義の始まりです。

明石芳彦先生の信条は、『自分は出来ない』事の言い訳はしない、過去を振り返らないという考えです。

Better Late Than Never! が信条です。

そういえば、私が2007年4月に大阪市立大学に入学したとき、明石芳彦先生から言われた言葉を思い出しました。

それは博士課程後期での3つの約束です。

1.遅い・早いは無い 自分が考える事と比べて遅い早いがある

2.謙虚な姿勢 他人の意見を聞く、視野を広げる

3.社会人、教員、大学との共働 欲求ばかりでなく、提案する事

もう一つは、4つの原則です。

1.新しい自分 『自分がしたい事』 『自分が出来る事』 したい事を出来るようにする

2.『知識』と『理解』 知っている事と分かる事の違い

基礎となる理解、真実を判断できる事で、『分かる』ようになる

自分の言葉に置き換えてみる

3.『役に立つ』『能力アップ』 根底にある理解が有れば、基礎にある理解力、自分の言葉で表現できる

4.『表現する』『やってみる』 自分の言葉を使って、相手に解ってもらう

『暗黙知』知っている事の10分の1しか伝わらない

最前列の席に座り、明石芳彦先生の最終講義を拝聴していると、こんな入学当時に、明石芳彦先生から言われた事を思い出します。

今、目の前で最終講義に際し、明石芳彦先生が言われていることは、私が入学した2007年4月の頃とほぼ同じお話でした。

何もぶれていません。

問題のポイントを理解するには、根源は何か、『何』が問題で、それは『何故か』を考え、真の原因を探るよう考える。

それには、なぜ?何故?ナゼ?と、なぜ?を3回も、5回も繰り返し『深掘り』をする事です。

このお話も、博士課程のゼミで、教えられたことがあります。

査読付投稿論文を作成するには、査読者が納得するほどの、深い思考が求められます。

自分自身で、なぜ?何故?ナゼ?と、深掘りすると、論文の厚みが深くなります。

社会人大学院生を受け入れて、新たな分野の学問を拓げていくには、教員の自分自身を学ばないといけないと言われています。

いや、それより、社会人の学生からは、ビジネスの現場で起きている事を、問題となっていることを、むしろ教員の方が学ばせて頂いたと、感謝の言葉もありました。

学んだ知識は、ぐちゃぐちゃにして箱の中に詰め込んでいては使えません。

知識の整理が必要で、知識の引き出しが用意されているか、知識の引き出しの開け方と、開く順番が整っているか、このように整理が必要です。

最後に、明石芳彦先生のご自分の事について触れられました。

恩師は安倍一成先生で、恩師から言われたのは、「君の言う事で日本は良くなるのか?」

神戸大学大学院経済学研究科では、新野幸次郎先生から多くの事を学ばれたそうです。

小田切宏之先生からは通説を猛勉強し、カリフォルニア大学のバークレー校では後にノーベル賞を受賞したオリバー・ウィリアムソン先生から指導を受けたそうです。

郷里山口の平櫛田中(ひらくしでんちゅう)先生は、『今やらなければ、いつできる。わしがやらなければ誰がやる。』

これが、現在の明石芳彦先生の心境のようです。

大阪市立大学大学院 社会人大学院 入学式

平成19年度大阪市立大学、学部第1部・第2部・大学院の入学式が、大阪市中央体育館でありました。松葉博雄は、大阪市立大学大学院に入学し、創造都市研究科博士(後期)課程で研究をします。

学長がご挨拶をされ、「大学生活は、社会に出る前のモラトリアム期間だから、その間にしっかり勉強をすること」とお話されました。身が引き締まる思いです。≫記事を読む(2007年4月)

大阪市大 入学式後のセレモニー・ガイダンス

大阪市立大学大学院創造都市研究科の入学セレモニーとガイダンスがありました。平成19年度創造都市研究科入学セレモニーが行われました。

博士課程と修士課程の入学者を代表して、松葉博雄が、学科長に「誓いの言葉」を述べ、これから博士を目指して、勉学に励む誓いの宣誓をしました。≫記事を読む(2007年4月)

 

大阪市立大学大学院 修了式

修了式では、創造都市研究科の総代を務めました。

各学部、各研究科の代表の卒業生・修了生が演壇に上がり、1人ひとりが金児曉嗣(かねこ さとる)学長から、学位記を受けます。

≫続きを読む(2010年3月)

 

明石芳彦ゼミ 前期最終日 ステーキハウスSKYで打ち上げ

前期の最後には、明石芳彦先生に声掛けをして、前期打ち上げの飲み会にいきました。

参加者は、明石芳彦先生と、竹田さん、吉田さん、松葉博雄の4名です。

明石芳彦先生の博士コースの同門会はまだありません。そこで、修了後も音信不通にならないように、同門会を作ろうという提言をしました。≫続きを読む(2012年7月)

博士課程後期の新入生

2013年の、博士課程後期に入学した方は2名でした。

今日は新入生2名の初めての発表です。

博士課程が始まったばかりなので、今日の報告は、修士論文が元になった、これからの研究の方向性を報告する事になります。 ≫続きを読む(2013年4月)

 

2016年3月5日(土)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です