大阪市立大学大学院 客員研究員/社会人大学院ゼミ:カテゴリー・アーカイブ

査読論文を書くには、何を言いたいのか(リサーチクエッション)

リサーチクエッションを見つける事は、結婚で例えて言えば、”この人と結婚をしたい”、これならはっきりしています。”結婚をし(>続きを読む)

日本マネジメント学会誌に、査読付き投稿論文が採択されました。

学会誌に、査読付き投稿論文を採択されるには、長い査読期間があります。 日本マネジメント学会誌の、「経営教育研究」2013(>続きを読む)

博士論文の研究テーマは、この研究をしなければ、生きてはいけな

博士論文の研究テーマは、なぜ博士課程に進学したのか、何の研究をしたかったのか、この創学の理念です。 博士課程に進学した時(>続きを読む)

査読付き投稿論文は、文字数の制限があります。

査読付き投稿論文の、文字数制限をクリアするには、まるでプロボクシングの選手が、体重の減量に苦しむような、文字の減量があり(>続きを読む)

客員研究員は、自分自身の研究も進めなければなりません。査読付

博士論文を目指していたときは、明石芳彦先生が指摘する一言一句を、メモ書きをしながら、尋ねられた箇所について説明をしないと(>続きを読む)

研究の目的は何ですか?問題意識はなんですか?

投稿論文を書くには、問題意識と研究目的がはっきりしている事が求められます。 仕事を終えて、これから大阪市立大学の博士ゼミ(>続きを読む)

大阪市立大学大学院 創造都市研究科 事業創造領域 博士課程の

大阪市立大学大学院 創造都市研究科 事業創造領域 博士課程には、2名の新入生が入学しました。 大阪市立大学大学院創造都市(>続きを読む)

30代・40代・50代に男がしておくこと、プレジデントに鈴木

30代・40代・50代に男がしておくことは、今も昔も、仕事、趣味、結婚、子育て、家を建てる、収入を増やす、教育、中には独(>続きを読む)

何を話そうかと、明石芳彦先生は、大阪市立大学大学院の博士ゼミ

何を話そうかと、明石芳彦先生が選んだのは、論文構成の具体的事例を書いたペーパーを参考に、論文構成の話をお聞きしました。 (>続きを読む)

査読論文を書くには、何度も何度も指導教授から指導を受けます。

大阪市立大学大学院:さんプラザコンタクトレンズに増井麻依子さんが来られました。 大阪市立大学大学院の博士ゼミは、毎週月曜(>続きを読む)