明石芳彦先生の主催する、合同ゼミの新入生は、姓本憲和さんです。

博士論文への取り組み方のガイダンスを聴いた後は、改めて、気を引き締めて、査読論文作成と、査読論文採択に向かって、新学期がスタートです。

大阪市立大学事業創造研究科の博士課程後期のゼミ生が集まり、ゼミの後の反省会を、近くのサイゼリアで行っています。

まずは、新しく入った姓本憲和さんの、明石芳彦ゼミに入学の、歓迎の乾杯です。

姓本憲和さんは、会社を経営しています。液晶関係の会社です。

先ほど、明石芳彦先生から、博士論文への取り組み方の指導を受けたばかりなので、三年で博士課程を修了し、博士を目指すという意気込みを聴かせて頂きました。

集まっているのは、家永秀則さんと、山﨑真嗣さん、菊池浩史さん、と松葉博雄です。

菊池浩史さんの研究はどうですか?とお尋ねすると、いろいろご苦労されているようです。

査読論文を採択されるという事は、なかなかの難事業です。昼間は働いていて、仕事の後や、お休みの時が研究時間となり、それでも、すべての時間を研究に振り向けるわけにはいきません。

家永秀則さんは、大学院の研究生活を楽しんでいる様子が伝わってきます。

松葉博雄からのアドバイスは、研究とは、研ぎ、究める事なので、刀を研ぐように、するどく、無駄のないところまで、研究論文を書き進めなければなりません。

学会によっては、文字数が少ない学会もあります。あれも言いたい、これも書きたいでは、制限の文字数を超えてしまいます。この場合は、一字一句まで、ぎりぎりまで、まるで、ボクサーが体重を落として、ウエイト制限ぎりぎりのリミットまで、余分な体脂肪を落としていくのと似ています。

こんな話をしている内に、生ビールのジョッキは、3杯目から4杯目にいきそうです。そろそろ、お開きにして、今日の反省会はおしまいです。

2015年4月6日(月)