八朔(はっさく)のマーマレードと沖縄のパッションフルーツゼリー作りを深夜作業で行いました

そろそろ、庭の八朔(はっさく)の収穫を迎える時期になりました。

八朔のマーマレード

あまり枝に長くぶら下がっていると、水分が減少して、ジューシーさがなくなるので、今年は2月の終わりに収穫することにしました。

八朔のマーマレード

全部を一気に収穫してみると、小さな段ボールいっぱいになるほどありました。

八朔のマーマレード

農薬を使っていない、表皮にワックスが掛かっていない、自然状態の八朔です。

八朔のマーマレード

この八朔を使って、去年作ったような、マーマレードを作ることになりました。

八朔のマーマレード

夜から作業が始まったので、「朝からすれば良かったな」と反省しています。

八朔のマーマレード

まず、八朔の皮を包丁で薄切りにし、さらに、皮を細かく短冊切りにします。

八朔のマーマレード

皮を剥いて、八朔の実を取り出し、白い袋から、ひとつひとつ実を剥き取ります。

八朔のマーマレード

部屋には、八朔の甘酸っぱい匂いが漂っています。

八朔のマーマレード

そうすると、りんりんは、半ば狂乱状態になりました。

八朔のマーマレード

りんりんは、八朔が欲しくて欲しくて、食べたくて食べたくて、皮を剥いた八朔の実が入っているボールに、よだれを垂らさんばかりに、接近して、もし、誰も見ていなかったら、今にも食いつきそうです。

八朔のマーマレード

八朔のマーマレード

油断できません。

八朔のマーマレード

しっかり、りんりんを見張っておかないと、りんりんは、以前に、ハワイ産マカデミアンナッツの食べ過ぎ事件や、マンゴーの種の飲み込み事件を起こしています。

八朔のマーマレード

りんりんの視線の重圧を感じながら、マーマレード作りは、松葉博雄の奥さんと次女が、おしゃべりをしながら、進んでいます。

八朔のマーマレード

八朔のマーマレード

ふと考えたことがあります。「みかんの缶詰のみかんの皮は、どのようにして剥がすのだろうか?こんなにひとつひとつ、手で剥くのだろうか?」と考えると、きっと、薬で皮を溶かすのではないかと考えました。

八朔のマーマレード

八朔のマーマレード

もちろん、体に害のない、薬でみかんの袋の皮を溶かしているのだと思ってみても、最近の中国から輸入された餃子中毒事件から連想して、薬で溶かしたみかんは、手でひとつひとつ剥いていくよりも、簡単なだけ、何か副作用があるのではないかと心配してしまいます。

八朔のマーマレード

八朔のマーマレード

マーマレード作りは長い時間を掛けてしていますが、りんりんは、諦めずにずっとすぐ側で待機しています。

八朔のマーマレード

ひょっとすると、剥いている手から、何かの間違いで、床に落ちてくるかもしれません。

八朔のマーマレード

りんりんは、千分の一のチャンスでも、辛抱強く、みかんの実が落ちてくることを待っています。

八朔のマーマレード

マーマレード作りと平行して、パッションフルーツのゼリー作りも進んでいます。

このパッションフルーツは、沖縄の米須勇さん、金城正浩さん、山城興善さん、松田正さんから頂いた、パッションフルーツです。

八朔のマーマレード

長い時間を掛けて煮込んだ八朔のマーマレードは、煮沸消毒したガラス瓶に詰められ、冷蔵庫に保管されます。

八朔のマーマレード

パッションフルーツゼリーも、固まると、冷蔵庫に入って、一時保管されます。

八朔のマーマレード

作業が終わったのは、夜の12時を超していました。

 

 

2008年2月末