椎茸昆布の佃煮を作ってみました。辛くもなく、甘過ぎもしない、絶品の味が出来たと、奧さんに褒められました。

椎茸と昆布を、お店の椎茸昆布のように黒く染めるには、水飴以外に何を入れているのでしょうか?

男子は、厨房に入ってはいけないと言われていますが、私しかできない、椎茸昆布を作る時は、奧さんと並んで台所に入り、長い時間をかけて、美味しい味の椎茸昆布を作ります。

椎茸は、できるだけ小粒の椎茸が好ましいです。

奧さんと二人だけの食事なので、使う椎茸は、ビニールパック3個分です。

ビニール袋から出したら、椎茸の根っこの部分のへたを、一つ一つ切り取っていきます。

へたが獲れたら、これを丁寧に水洗いします。

水洗いは、何度もしなければ、洗っても洗っても、椎茸から細かいゴミが出てきます。

ゴミは、椎茸のホダ木から生ずるゴミもあります。

噛むと、歯に障る固いゴミもあります。とにかくよく洗うことです。

昆布は、出来るだけ上等な昆布を使う方が良いのですが、台所にある昆布を使います。

昆布を柔らかくする為には、一晩昆布を出汁の中に漬けていた方がいいのですが、今日は一時間くらいしか漬ける時間はありませんでした。

昆布の色を黒くするためには、水飴を使います。

昆布を煮染める煮汁の味付けは、醤油、みりん、お酒、砂糖、塩を使います。

この他に、かつおの出汁パックも味付けに使います。

椎茸が十分に洗えると、水切りをして、すこしでも水を良く切っておきます。

昆布を柔らかくする為、先に昆布を煮込みます。

砂糖が入っているので、加熱すると、泡が良く出てきました。

昆布が柔らかくなると、水切りをした椎茸を、昆布と合わせます。

味を見ながら、辛すぎないように、甘すぎないように、味付けの仕上げをしていきます。

水飴は、かなり固く固まっていました。

水飴の容器から、スプーンで水飴を取り出して、糸を引くように長く伸びた水飴を、椎茸昆布の中に合わせていきます。

後は時間をかけて、椎茸昆布を混ぜ合わせながら煮込んでいくと、段々と昆布に色つやが出来てきました。

醤油が足りなければ、醤油を足し、砂糖が足りなければ、砂糖を足して、椎茸の艶と味を確かめながら、段々と仕上げになってきます。

一時間以上かけて煮込んだ椎茸昆布は、奥さんが試食すると、とっても美味しい椎茸昆布になりました。

この椎茸昆布は、しばらく私のお酒のつまみになります。

2017年9月3日(日)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です