洲本のええとこどりで昼食です。由良の港にはくらげが沢山泳いでいました。

由良の新島水産では、沢山の水槽に鱧が泳いでいました。

梅雨の晴れ間に淡路島をドライブしていると、お昼頃になったので、どこかで昼食にしようと思っていると、ちょうど『ええとこどり』という焼き鳥屋さんに遭遇しました。

ええとこどりとは、なかなか良い名前です。

ええとこどりは、焼き鳥だけでなく、焼きそば、お好み焼きなども選べます。

ええとこどりでは、奧さんはお好み焼きを、私は焼き鳥を選びました。

メニューの中から、気に入ったメニューを選ぶええとこどりです。

焼き鳥にはこだわりがあるようで、注文しても、なかなか焼き鳥はでてきません。

お好み焼きの方は、すぐに用意が出来て、お好み焼きからスタートです。

厨房を覗いて見ると、焼き鳥は炭火を使って焼いているようです。

焼いた焼き鳥を、加熱して出すお店とは違うようです。

この後、由良の方に行きました。

由良港の港では、湾内にクラゲが大量に発生しています。

以前、海水魚を買っていたとき、くらげを捕獲して水槽に入れてみたら、飼育が上手くいかず、くらげが溶けてしまった思い出があります。

各地の水族館で、水槽にクラゲを泳がせ、そのゆったりとした動作を見て、心を癒す展示方法をテレビで見た事があります。

くらげは、飼育するには結構難しいのです。

由良港では、漁船の周りがくらげで取り囲まれ、あっちもこっちもクラゲだらけでした。

由良港のすぐ向こうに、成ヶ島があります。

由良から成ヶ島、200mほど先にある短距離の場所ですが、島に渡るには、渡り船を使います。

渡り船は、往復300円です。成ヶ島に渡ると潮干狩りができるそうです。

渡ってみたいなぁと思っても、今日の炎天下では熱射病になりかねないので、今日の所は見送りです。

成ヶ島から更に南に進むと、立川水仙橋があります。

その途中に立ち寄ったのが、新島水産です。

建て屋の中に入ってみると、中には夏の名物、鱧が水槽で泳いでいます。

水槽は何面もあって、どの水槽にも鱧が生かされていました。

鱧を近くで見ると、かなり大きいのに驚きます。

アナゴよりも何倍も大きいサイズです。

真夏になると、京都では鱧料理がよく出ます。

鱧は生命力が強く、昔の時代でも、淡路島から京都まで、鱧を生かして泳がせていたようです。

こんなに沢山のハモが水槽で出荷調整されているのに驚きます。

一般の魚のように、捕獲するとすぐ出荷するのではなく、計画的に出荷しているようです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です