津山城の夜桜は、綺麗だなぁ。こんなキレイな桜は、散るのが勿体ないなぁ。

津山城下町、お城の松に、ピンと撥ねたる威勢を見せて・・・。津山のお城の名前は、鶴山城です。 津山(5)

テントの中で、B級グルメ津山ホルモンうどんを食べ終えた後は、奥さんと二人で、これから津山城の桜を見ながら、天守閣の跡の最上段に登っていきます。

足下は濡れていて、石段が滑りそうなので、ゆっくり気をつけながら歩きます。

ところどころ、人気スポットでは、カメラの愛好家が集まって、三脚を添えて、シャッターチャンスを待ち構えている人達が多くいました。

姫路城は、2015年に天守閣を補修工事したばかりで、とても美しい、白鷺城の名前にぴったりのお城に生まれ変わりました。

あの姫路城のお花見と、津山城のお花見を重ね合わせてみると、桜は津山でお城は姫路が勝っていると思います。

櫓が出来た事で、津山のお城も少しお城らしくなっていますが、もし天守閣が再建されると、大変な観光地になると思います。

津山城に天守閣を再建するとなると、一体いくらの建築費がかかるでしょうか?

江戸城を再建すると、その建築事業費は、およそ350億円と試算されています。この数字を応用すると、津山城でも350億円前後になりそうです。

津山城は幕末の終わり、明治の初めには天守閣は残っていたそうです。しかし、その後の打ち壊しによって、人為的に天守閣は取り壊されたそうなので、実に勿体ない事です。

天守閣の跡は、石垣だけが残っています。そこに登って、津山の市街地を見ると、車社会の影響で、津山の街が、東西南北へ広がっている事が分かります。

もし今夜が晴れであれば、西の方から、満月が昇る、美しいお月様が見える予定でした。

以前に、この4月の初旬の津山城の花見では、満月が西の空から昇ってくる景色を見ることが出来ました。

≫2014年4月9日

この写真は、2014年4月の津山城の花見の時に見た、西の空から昇るお月様です。

ブルドーザーや、重機がない時代に、これだけの石組みを、簡単な道具と、人力でよくまぁここまで立派なお城を造れた物だと、今更ながら感心します。

お城を造るのは武将であり、指揮するのは侍で、働かされるのは、百姓の人達です。

今の時代でも、県庁でも、市庁舎でも、区役所でも、作るのは、お役人で、負担するのは、納税者です。

お金を、賦役の代わりに納めたら、重労働から解放されるだけ、現代の方が恵まれています。

2015年4月