定年退職して、家庭人になったら、奥さんと一緒に海岸で魚釣りを一緒に楽しめるような夫婦仲は、理想の穏やかな生活です。

定年退職して家庭人になったら、これまでの仕事が忙しい忙しいは通用しません。ちゃんと奥さんがお相手してくれるように、普段から準備が必要です。  淡路(2)

播磨灘を臨む、県民サンビーチの浜辺で、うとうとしてくるような太陽の日を浴びて、お弁当を食べた後は、しばらく目の前のご夫婦が釣りをしているのを見ていました。

定年を迎えた頃の夫婦のあり方を、具体的な事例で何組かも見てきましたが、目の前の2人のように、旦那様について、魚釣りまで付き合っている奥様の事例は、滅多にない貴重な事例だと思いました。

U君のお父さんが、夏になったら淡路島でキャンプをしたいという希望があるので、キャンプ地を探しに行っているのですが、目指すキャンプ地は、入り口を間違えて、野道の細い道を選んでしまった為、車では危なくて、行くことができませんでした。

代わりに、花さじきに来ています。花さじきの花は、菜の花からポピーに変わっています。これだけのたくさんの花を、一気に変えてしまうのですから、この作業はとても大変だったと思います。

ここから見える、大阪湾や、明石海峡大橋は、いつもきれいです。

花さじきの敷地の中にも、藤棚がありました。風に吹かれて、藤の房が揺れています。藤の花には、大きな蜂が来て、蜜を吸っています。

蟻や蜂のように、せっせと働くことを、美徳のように教えていながら、その蜂の蜂蜜の、上前を撥ねるとは、なんと人間はずる賢いものです。

次に行く場所は、浦の温泉です。いつも行く、天然温泉「花の湯」です。

天然温泉「花の湯」の敷地の周りには、サツキがたくさん咲いて、とても綺麗です。

お風呂の後は、スーパーに寄って、鮎とイカを買いました。これは今晩、庭で焼肉をするために使います。

お家に帰ると、朝採ったさくらんぼを、金柑酒のなかに漬けることにしました。そんなに果実酒をしょっちゅう飲むわけではないのですが、誰かが喜んで飲んでくれることを想像すると、つい作りたくなるのです。

朝洗って干しておいたので、すぐに漬けることが出来ます。どんな味になるのか楽しみです。

少しずつ日が陰ってきて、外が暑くなくなったので、庭で焼肉をするつもりでした。しかし予想外に風がきつくて、庭でするのは無理なようです。

今日の焼肉はご近所の、永山さん夫妻と、朝日さんの3人をお呼びして、風よけのためにガレージで炭を起こして、炭火焼きの焼肉をします。

四国の冨田さんから頂いた、猪肉を冷凍してあったので、これも使います。

炭の準備や焼肉の準備は、松葉博雄の担当です。炭をおこすのは、根気のいる仕事です。炭火は火が付くと火力が強いのですが、炭火が着火するまでは、なかなか時間が掛かります。

朝日さんは、岡山の美作市湯郷の出身だそうで、湯郷のことはよく知っているので、話がとても弾みました。随分懐いてきました。

炭の火がどんどん強くなってきて、お肉が焼けるピッチも速くなってきます。炭火が強くなってくると、時々コンロの空気穴を調整して、火力を弱めます。肉を絶えずひっくり返して、焦げないように、均等に焼けるように、炭火係は食べる暇もないほど忙しいです。

鮎は炭火焼きにしたのですが、外側は真っ黒けになってしまいました。あの料理屋のような串焼きの形にはなっていません。

ビールを飲みながら、永山さんや、朝日さんに、大変おもしろい話を聞かせて頂きました。永山さんのご主人は、昔は中国大陸で仕事をされていたそうで、中国語も話せるそうです。

いろいろ面白い話を聞いたので、またの機会に紹介します。

2014年5月8日(金)