課題の棚卸し:暇なときこそ、これまでの課題を見直して、対策を立てる、与えられた時期です。

ビストロ・ジローで、シーズン始めのカキフライを頂きました。

日曜日の昼食は、少し違うお店に行ってみます。11月に入ると、コンタクトレンズ業界は、一年の中で一番暇な時期、つまり閑散期に入っています。

閑散期には、何をするのか?これが、次の繁忙期に対する課題です。

スポーツ選手でも、学生の皆さんでも、春休み、夏休みなどの、シーズンオフがあります。このシーズンオフに、スポーツ選手なら足腰を鍛えておくとか、筋肉トレーニングをしておくとか、課題に対する克服があります。学生なら、春休み、夏休みに、遊んでばっかりでは、遊び癖がついてしまいます。

今日の昼食は、三宮と元町の間にある、「ビストロ・ジロー」です。お店に入ると、壁にジロー店主のおすすめとして、カキフライが掲示されていました。

11月に入ると、牡蠣のシーズンになっています。赤穂の坂越に、牡蠣を購入に、よく行きます。

奥さんと二人で、カキフライと、煮込みハンバーグを頂くことにしました。

かなり時間をかけて、カキフライを揚げています。

ソースはウスターソースと、タルタルソースの2種類です。

コンタクトレンズのシーズンオフには、何をするべきか?これを考えるのは、経営者の課題です。この時期は、問題点の棚卸しをする時期です。

どんな企業にも、課題があります。会議では片付かない課題があります。問題が複雑であれば、解決にかかる時間も、沢山時間をかけて、解決に向かうように努力が必要です。

カキフライは2000円で、煮込みハンバーグは1000円です。

倍の値段の差ですが、周辺のご飯とか、サラダ、漬け物、味噌汁は、同じものが出ます。

カキフライは、海老フライと同じように、どれだけ大きく見せるかに、工夫が要っています。つまり、着ぶくれ状態になっています。着ぶくれ状態になると、それだけ、フライに使う油を、より多く吸収しています。

カキフライを箸で掴んで食べてみると、熱々で、揚げたてのカキフライは、美味しく感じます。

カキフライが乗っている皿には、皿の上に、油を切ったように、油がべっとりと流れています。

ご飯は、松葉博雄も奥さんも、少なめにお願いしています。

カキフライを食べると、冬の訪れを感じます。これから、街中クリスマスソングが流れる時期に入っていきます。毎日クリスマスソングを聞いていると、さすがにもう沢山と、飽いでしまう時期が来ます。その頃やっと、本当に12月24日がやってきます。

ビストロの昼食を終わって、今度は階段を降りる番です。気をつけないと、手すりにしっかり掴まって、注意して降りないと、大変なことになりそうな階段です。

11月にしては、例年より暖かい気温です。昼食の後は、また会社に戻って、課題の棚卸しを続けます。

2013年11月10日(日)