コンタクトレンズ・メガネで視力の回復。 禅宗は座禅で、禅定によって悟りを開き、開眼を目指しています。

コンタクトレンズ・メガネで、視力の回復。 禅宗は、座禅で、修行で、心で、ものを見る、開眼を目指しています。 秋の味覚と和室cafe(5)

コンタクトレンズ・メガネで、視力の回復。 禅宗は座禅で、修行で、心でものを見る、開眼を目指しています。

高源寺は、1325年(鎌倉時代)に遠谿祖雄(えんけいそゆう)禅師によって開創されました。坂道をゆっくり上がって行くと、左右に広い駐車場が広がっています。

**

お寺を建てた時は、修行の為に俗世間と離れて、特に女性の色香に迷わないように、なるべくへんぴな場所を選んでいました。

それが、人里の方がお寺に近づき、車で直ぐに近づけるとなると、俗世間と離れた修行の方法は難しくなったと思います。

**

高原寺の入り口に、スケッチをしている方がいました。 水彩画を描いています。

**

「こんにちは」のご挨拶の声だけかけて、チラッと画用紙の絵をみると、なかなか上手そうです。

**

臨済宗髙原寺と石碑に記されています。

**

一目で錦秋の頃には、燃えるような紅葉や楓が、目を奪うことが予測できます。

**

正面に向かって左側には、古いお墓を整理したのか、卒塔婆のように積み上げて、その上に仏像がまつられています。 整理した区画は、新たに分譲墓地として、一区画20万円で売られています。

**

9月も終わりなのに、また蚊がやって来ます。 夏の勢いはありません。 美味しい血を目掛けて、攻撃的な刺し方ではなく、やや弱気で、刺せるものなら刺してみようという程度の弱気です。

**

石段をゆっくりゆっくり登ってみても、やはり上り坂は腰にきます。

**

入場料が300円と表記されていましたが、平日のせいか、まだ紅葉が紅葉してないせいか、300円を徴収する人がいません。

**

臨済宗では、禅問答があります。 悟りを開くために修行の方法として、公案が与えられます。 例えば、『無人の山中で木が倒れたとき、音は聞こえるか』

松葉博雄

さてどうでしょうか。 聞こえるでしょうか? 聞こえないでしょうか?

**

山門を通り抜け、本堂に近づいていきます。 苔もとても綺麗です。 参拝者は誰もいません。 静かな静寂を感じます。

**

まだ奥があるようですが、坂道なのでこのくらいにして、本堂にお参りし、引き返します。

**

高原寺に来るなら例え300円払っても錦秋の頃、来たいものです。 出来たら、境内で和服を着た美しい女性と偶然にすれ違いたいものです。

**

高原寺の見晴らしのよい、展望所で町並みが広がってる様子が見えます。

**

高原寺の入り口で、スケッチをしていた方に声をかけて見ました。 定年を境に、好きな写生を丹波地方で、サークルを作って描いているようです。

私は神戸の三宮で、コンタクトレンズ・メガネの社長さんをしていますと、自己紹介しました。

**

今日の丹波青垣ツアーは、十分なお買い物が出来ていないので、帰り道TOYODAで、食料品を中心に冷蔵庫の補充をして帰りました。

2011年9月29日(木)