白猫チャンのお出ましです。 白猫チャンには、好きなタイプが3つあります。 ①甘えさせてくれる人、②可愛がってくれる人、③エサをくれる人です。

白猫チャンのお出ましです。 白猫チャンは、松葉博雄がお気に入りのようです。 猫が人を選ぶには3つのタイプがあります。 ①甘えさせてくれる人、②可愛がってくれる人、③エサをくれる人  秋の味覚と和室cafe(4)

白猫チャンのお出ましです。 白猫チャンは人を選んでいます。 3つのタイプに選んでいます。

①白猫チャンが心を許すのは, 甘えさせてくれる人

②白猫チャンが懐くのは、可愛がってくれる人

③白猫チャンが一目を置くのは、エサをくれる人

cafe「genten」には、真っ白なネコがいました。(仮称)白猫チャンです。白猫チャンは大変人懐っこく、知らないお客さんがいても近くに寄ってきて、横になって寝ています。

**

この白猫チャン、実はログハウスのお家の猫で、白猫チャンには誰の家という意識がないようです。

**

白馬がいるログハウスから、人気があると、gentenにやってくるようです。

**

今日のgentenには何組かのお客様がいましたが、白猫チャンは何を気に入ったのか、松葉博雄の側を選んで、寝ころんでみたり、松葉博雄の膝の上に上がってきたりと、随分濃厚なサービスをしてくれます。

**

そういえば各地で、松葉博雄は猫の写真をあちらこちらで撮りました。 渡名喜島の猫も写しました。

松葉博雄 松葉博雄

久高島の猫も写しました。

松葉博雄

何故、白猫チャンは松葉博雄にこんなに寄ってくるのでしょう?

一説では、猫が懐くのは、猫の気持ちを一番理解してくれる人が 、猫は好きなようです。 心地よく感じて、甘えて見たり、時としてご機嫌を伺いする事もあるそうです。

**

でも、白チャンはどうして、松葉博雄が白猫チャンに甘くするのか、分かったのでしょうか?

**

白猫チャンを抱っこすると、白猫チャンの抜け毛がズボンやシャツにつきます。 相当な抜け毛です。 秋から、冬への身支度でしょうか? きっと換毛期です。

**

白猫チャンを抱いていると、とても寛いだ気持ちになりました。 これも非日常性です。 茅葺き屋根のお屋敷に入り、畳の間に座り、和風庭園をみながら食事をし、白猫チャンにサービスを受けるのは、全て非日常的な事です。

**

玄関から座敷にあがるスペースは、土間と言われるスペースで、土間には古い引き出し付のたんすが2つ並んでいて、その上にはこの地方の協力店のリーフレットが置かれています。

**

リーフレットの中には、先週行った、あの大名草庵(おなざあん)のお店のリーフレットもありました。

**

茅葺き屋根のお屋敷の入り口には、登録有形文化財の認定書が文化庁より発行されています。

** **

お店の方に、名刺を出してご挨拶をし、松葉博雄の社長研究室に紹介記事を出しても良いですか?と、承諾を頂きました。 蘆田生子さんが、gentenのオーナーです。

**

蘆田生子さんは、なぜ、このような由緒正しい登録文化財のお屋敷で、gentenのcafeをするようになったのでしょうか? そこには、いろいろ経緯があるようです。

「この辺りは松茸が特産ですが、今は松茸の調子はどうですか?」と尋ねてみると、それが鹿や猪、猿、などの野生動物がどんどん繁殖して、松茸を人が採る前に動物が食べてしまうそうです。

松葉博雄の推測では、山が荒れて、松茸が生え無くなくなったのかと思っていました。

松葉博雄 松葉博雄

松葉博雄は、蘆田生子さんにお礼を言って、お庭を見せてもらいます。 写真を撮らせてもらいます。 この民家は築185年だそうです。日本歴でいうと文政の頃です。

**

階段を下りて、またログハウスのお家の白馬の前を通ります。 白猫チャンといい、白馬といい、ログハウスのご主人は白がお好きなようです。 最近馬を見たといえば、ドイツのボンの国立公園で見た、馬の群れを思い出します

2011年9月29日(木)