奥さんと一緒、奥さんと一緒に、どこに行こう? そうだ!明石温泉に行こう。

奥さんと一緒、奥さんと一緒に、どこに行こう?明石の人丸花壇でいい日だな(1)

奥さんと一緒、奥さんと一緒に、どこに行こう?奥さんと一緒に、お休みの日にはどこに行こう?高速道路に乗ってどこ行こう?奥さんと一緒に、美味しいものを食べに、どこ行こう?

**

奥さんと一緒に、どこに行こうかな?あっちもこっちも、大体行っているので、新しいところを探しています。

**

運転手は松葉博雄、ナビゲーターは奥さん、奥さんと一緒に行けば、いつも道を間違えて、とんでもないところに行くことがあります。

**

でも、今日は安心。ナビゲーターと松葉博雄の記憶が、奥さんと一緒でした。

**

明石市役所庁舎のすぐ側です。大倉海岸に沿って、国道28号線を走り、明石市役所の手前で、北の国道2号線方向に曲がると、人丸花壇がすぐに分かりました。

**

人丸花壇は料理旅館です。料理旅館の玄関には、徳川家のご紋の葵の幕が張られています。玄関には、お客様をお迎えする、従業員が立って、待機しています。

**

なぜ、徳川家のご紋が使われているのでしょう?これは調べてみます。明石温泉と唱っていますが、本当に天然温泉でしょうか?これも、調べてみます。では、奥さんと一緒に玄関から入って行きます。

**

かなり、年季の入った老舗旅館の造りです。事業開始は1950年ですから、2011年では、61年です。コンタクトレンズのメニコンは、60周年ですから、ほぼ同じ頃です。

**

玄関前の前庭は、さほど広くはありません。大きな石灯籠が、据えられています。

**

玄関をくぐるとロビーです。やや薄暗いロビーで、それほど広いスペースではありません。

**

あちらこちらに、江戸時代をイメージさせる置物が目立ちます。まず、屏風と葵のご紋、

**

戦国武将が使った鎧と兜、槍が、「いらっしゃいませ」とは言いませんが、「よろしく」と言っているに聞こえます。

**

ロビーから、敷居を一つまたぐと、生け簀を囲んだテーブル席があります。

「ここに入るんですか?」と、案内のサービス係の方に尋ねると、「そうです。」と言われ、「え~?ここで温泉に入るのですか?」と、念を押すと、「お湯に入るのではなくて、この奥に入るのです。」と言われました。

**

「生け簀に入ると、サメと鯛が泳いでいて、風邪を引きますよ」と、笑われました。

**

生け簀の周りのテーブル席も、壁には葵のご紋が、いくつも並んでいます。世が世であれば、葵のご紋の前には、庶民は頭が上がりません。奥さんと一緒に平伏です。

**

ここに入って下さいと言った、その入る道が、手すりがついた、橋のような小道です。この小道を奥さんと一緒にずっと前に進むと、今日の日帰り温泉、日帰り明石温泉の座敷になります。

2011年10月13日(木)