六甲高山植物園は、神戸市灘区六甲町北六甲にあります。僅かの距離で、真夏の暑さから避暑に行ってきました。(1)

暑い夏に手頃な避暑を考えると、六甲山が近くにあります。

六甲山

六甲山

六甲山は、900メートルを超える高さで、木陰に入ると、風に当たると、ひんやりするほどの涼しさを感じました。

六甲山

六甲山

六甲高山植物園に寄って、お店で昼食を頂きました。

六甲山

ティールーム「エーデルワイス」です。

六甲山

「エーデルワイス」では、六甲山を軽登山する人達が、しばしの休息をしています。

六甲山

どちらかと言えば、リタイアの年代の人達が多く感じました。

六甲山

カメラを持っている人も、カメラと三脚を持っている人もいて、写真が趣味の軽登山であることも分かりました。

六甲山

六甲山

お昼は、ジャワカレーと、ハヤシライスを注文し、周りの景色を見ながら食べています。

六甲山

六甲山の山頂近くの「エーデルワイス」では、空を見ると、白い雲がとても速い速度で移り変わっていることに驚きました。

雲がこんなに早く流れているのは、空に近いからだと思います。

六甲山

六甲高山植物園は、入場料は大人600円です。

六甲山

神戸の市営かと思っていましたが、案内を見ていると、民営だということが、後から分かりました。

六甲山

民営だと、入場料が頼りです。一年間にどれだけ来るのでしょうか?気になります。

六甲山

7月に入ると、アジサイが輝いて見えます。湿地帯に咲く花は、保護のために、架け橋が歩道として掛けてあり、土を踏まないように、配慮されています。

六甲山

日が当たらない木陰は涼しく、日が当たる直射日光は、真夏の暑さで、入園者の皆さんは、出来るだけ木陰を選んで歩いています。

六甲山

六甲山

ところどころで、奥さんに写真を写してもらいました。

六甲山

写真を写している趣味の人達は、ひとつの花の前に三脚を立てて、立派なカメラで咲いている花の角度を選んでいました。

六甲山

六甲山柵の隣は、六甲ゴルフ場です。

ゴルフ場では、暑い最中、ゴルフのプレーヤーが、ボールを追いかけて、炎天下の中でプレーをしていました。

 

2008年7月17日(木)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です