明石活魚 浦鮨 神戸空港ターミナル店で、お誕生日の家族食事会です。板さんが、お誕生日特別メニューを作ってくれました。

「明石活魚 浦正鮨」で、松葉博雄のお誕生日のお祝いに、家族が食事会をしてくれました。

明石活魚 浦鮨

神戸空港ターミナルビル4階にある、「明石活魚 浦鮨」に行きました。

明石活魚 浦鮨

「浦鮨」は、魚の棚商店街より少し西に行ったところの、明石市日富美町に本店があります。

明石浦正鮨 神戸空港店で、神戸空港から離発着する飛行機や、対岸の三宮の夜景を見ながら、食事を頂きます。

お寿司屋さんですから、当然、肴はお魚です。

いろいろな魚の肝を長い皿に並べてくれました

「よく気がづくなぁ」と思ったのは、今日がお誕生日の食事会と言うことを察知した板さんが、特別にお料理を作ってくれたことです。

いろいろな魚の肝を長い皿に並べてくれました

いろいろな魚の肝を長い皿に並べてくれました。

頂いたお寿司は、明石産の魚が中心です

肝は、ふっくらとして、その上には、ゴマ油と岩塩で味付けがされています。

頂いたお寿司は、明石産の魚が中心です

頂いたお寿司は、明石産の魚が中心です。どれも美味しかったです。

箱に入れたネタを目の前において、その中から選びます

箱に入れたネタを目の前において、「これから選んでください」と言われました。困ったのは、ウニを選ぶとき、「北海道産にしますか?淡路産にしますか?」と、選択を尋ねられたことです。

箱に入れたネタを目の前において、その中から選びます

そこまで考えていなかったので、「じゃ、地元贔屓で、淡路産でお願いします」という返事になりました。

突然、北海道か淡路かと尋ねられても、ちゃんと答えられるように普段から考えておきましょう。

ビールと、ワインを頂きながら、魚料理を頂きます

夜の9時を過ぎても飛行機が離発着しています。仙台行きが夜遅い時間にあることが分かりました。

ビールと、ワインを頂きながら、魚料理を頂きます

ビールと、ワインを頂きながら、魚の肴を食べ、そろそろ赤出汁が出るころになります。もうお腹は、かなりいっぱいです。

かなりお腹がいっぱいになってきました

「これが最後です」と言って、板さんが、またお誕生日プレゼントメニューに、白子を出してくれました。

かなりお腹がいっぱいになってきました

子供たちを育てた頃の思い出話をして、今日の誕生会は、子供たちに、父母への幼い頃の記憶をしっかりと植えつけておきました。

実際、子供を育てるということは、 大変なことの連続でしたが、「だったらどんなことが大変だったか?」と尋ねられると、すっかり忘れてしまっています。それだけ、子育ては夢中だったのでしょう。

神戸空港の送迎デッキには、あまりたくさんの人はいませんでした

神戸空港の送迎デッキは、デートスポットとしても有名ですが、今夜はあまりたくさんの方はいませんでした。

神戸空港の送迎デッキには、あまりたくさんの人はいませんでした

神戸空港の送迎デッキは、なぜ、デートスポットになるのでしょうか?三宮の夜景が良いのでしょうか?これから旅立つ飛行機が、自分たちの夢を乗せてくれると期待しているのでしょうか?どちらかな?

 2007年5月初旬



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です