第48回衆議院議員総選挙投票の前に、奧さんと松茸ご飯を作りながら、日本が戦争に巻き込まれないように願いました。

太平洋戦争で日本人は312万人の尊い命が犠牲になっています。この教訓を活かして、戦争に繋がらない政権選択を選びたいものです。

今日は衆議院総選挙の投票日です。

あいにく台風21号が接近中で、早くも神戸の六甲地区では、庭の木が風で揺れています。

奧さんと松茸ご飯を作りながら、これから行く投票について相談しています。

お米は東広島産の新米です。松茸は中国産の松茸です。

世界が平和であれば、中国と日本の食材を使って、美味しい松茸ご飯が出来るのです。

今日は3つの投票があります。

一つは、衆議院議員選挙です。

二つは、神戸市長選挙です。

三つは、最高裁判所判事の審査です。

先月の9月25日に、安倍晋三内閣総理大臣が突然の衆議院解散を決めて、慌ただしい総選挙になりました。

森友学園や加計学園が国会で問題になった頃は、安倍内閣の支持率は急落し、国民の間でも安倍首相の退陣を求める声が強くなりました。

衆議院が解散された後、東京都知事の小池百合子さんが、希望の党を立ち上げたときは、さすがの自由民主党も、大幅な議席減少を予測するところまで追い込まれてしまいました。

ところが、希望の党の代表である小池百合子さんが、衆議院総選挙に立候補しないと声明した事と、民進党との合流に、安保法案に反対する人は排除すると条件をつけたことで、その後急速に希望の党への支持が減少して行く事になりました。

希望の党に排除された枝野幸男さんが、急遽立憲民主党を立ち上げると、日本人の真情にあう「判官贔屓」もあって、希望の党の人気が、立憲民主党へ移っていくような経過になりました。

希望の党へも、立憲民主党へも行かない、民進党の議員の方は、無所属で立候補するという分裂状態になってしまいました。

これで得をしたのは、安倍晋三首相と、自由民主党です。

森友学園と加計学園の疑惑で政局が行き詰まり、衆議院を解散する事になった時、安倍首相は日本国難突破解散だと、問題をすり替えるような問題提起をしています。

一部の批判では、安倍首相こそ国難だと、揶揄されていました。

ここまで、松茸ご飯を作りながら、奧さんに今日の投票の前に、何があったかを簡単に説明しました。

これから先が大事な事です。

私のお父さんも、奧さんのお父さんも、徴兵を受けて太平洋戦争に行かされています。

私の父は、軍医としてフィリピンの戦線に行かされました。

終戦間近の頃は、補給もない、食べ物もない野山をさまよって、ヘビやカエルやトカゲを見つけては食べて、飢えをしのいだそうです。

餓死者が多く出て、50万人の出兵の中で、祖国日本に帰れたのは、わずか1万人だったそうです。

父は軍医であっても、医療用具が全くないので、傷病兵を手当てしてあげることも出来ず、傷口からウジが湧いてくるのを見ていて、何も出来なかった悔しさを、幼い私に話してくれました。

今回の衆議院解散で、自民党が過半数を得て、公明党との連日政権が追認されることになれば、安倍内閣は日本国憲法を変えて、特に第9条を、全く違った方向に変えてしまう可能性があります。

父・松葉章一から聞いた話は、戦争はしてはいけない、という言葉でした。

戦争の原因は、過去を振り返れば、大抵は領土問題と為政者のエゴです。

わずかな領土を相手国と所有権を主張し合えば、喧嘩になるのは民間同士の家と家の争いでもよくあることです。

エゴとエゴがぶつかれば、どちらかが引き下がらない代わりに、大げんかになります。

米国大統領選挙で、トランプ氏は、アメリカファーストを主張しました。

中国では、習近平主席が漢民族ファーストを主張し始めています。

イギリスでは、EUから離脱して、イギリスファーストを主張しています。

このように、各国が自国の立場を第一に主張し始めれば、この先、争いが起きるのは、予想できることです。

かつて、アメリカと旧ソ連が、宇宙にロケットを発射して、人工衛星から宇宙飛行士が地球を見た時、地球は一つで、青い、美しい星だと感じた時がありました。

一つの国が核兵器を使って、自国ファーストを実行すれば、相手国も核兵器で応戦し、その結果、青い地球も放射能に汚染される星になってしまいます。

太平洋戦争の頃の戦争と、現代の戦争は、核兵器を使えば、その被害は当時とは違った、取り返しの付かない結果を招きかねないほどの破壊力を人類は持ってしまっているのです。

松茸ご飯が出来たので、奧さんと一緒に頂きます。

ここまでの話は、奧さんにもよく理解出来たようなので、次は大詰めの話です。

つまり、これから行く選挙は、誰に投票するかという事です。

二人とも、父から聞いた戦争をしてはいけないという教えは、頭の中に残っています。

日本の国の目の前に、沢山の問題がある事は確かです。

北朝鮮の脅威、消費税増税の問題、子育て、教育、景気対策など、沢山の問題が議論されています。

そのような中で、絶対に変えてはいけない考えは、もう一度日本が、世界的な戦争に参加しないことです。

武器を持てば使いたくなり、力を持てば力を誇示したくなるのは、これまでの歴史の中で繰り返されていたことです。

台風21号の中での雨と風の中で、投票所に行って投票してきました。

今夜の開票結果は、どのようになるのでしょうか?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です