親子ブログ:大学院生親子による親子丼を作ってみました

親子ブログ:大学院生親子による親子丼を作ってみました。親は松葉博雄で、子は医学部の大学院に通う娘です。

松葉博雄の料理

親子ブログ 2006年9月中旬の事です。松葉博雄と次女は、奥さんが不在のため、料理を自分達で、作ることになりました。

松葉博雄の料理

娘の考えた献立は、手軽に作れて、後片付けが簡単な献立になりました。

松葉博雄の料理

家に帰ってみると、鶏の肉と野菜としてネギ、そして、卵を買って来ていました。

松葉博雄の料理

今日は親子で、親子丼を作ることになります。味付け担当は、もちろん、松葉博雄です。

松葉博雄の料理

愛犬りんりんは、もう欲しそうで欲しそうで、何か上から落ちてこないかな?と、ずっと床に座って待っています。

松葉博雄の料理

りんりんに玉葱をあげてはいけません。となると、ネギもダメだと思います。

松葉博雄の料理

りんりんは、別の部屋にいても、冷蔵庫を開けて何かを取り出した瞬間に、目で見ていなくても、匂いでわかるのでしょうか?すぐに飛んできます。

松葉博雄の料理

ネギを細かく切るのは面倒なことです。つい、指を切ってしまいそうになるので、ここは慎重に、ゆっくりと、なるべく細く切っていたのですが、だんだんと面倒くさくなって、太くなってきます。

松葉博雄の料理

松葉博雄は、大学院で経営学を勉強しています。次女も大学院の眼科で免疫の勉強を専攻しています。

松葉博雄の料理

従って、この親子丼は、親子が本当に大学院生同士の変わった丼になります。

松葉博雄の料理

娘が松葉博雄の指導でおみそ汁をつくります。これは本格的に昆布、カツオ、煮干しから出し汁を取って、味噌を入れ、なめこ汁にしました。(これが、美味しいんですわ!)

松葉博雄の料理

ガステーブルを用意して、親子丼用の行平の鍋をガスの上に置くと、いよいよ、親子丼の作りの始まりです。

松葉博雄の料理

親子どんぶりのできばえは、ガスの熱加減次第です。熱すぎると卵は固まり、弱すぎると卵ご飯になってしまいます。

松葉博雄の料理

親子どんぶり作りには、鶏肉にも工夫が必要です。少し味付けをして、下ごしらえをしておいたほうが、良いです。

松葉博雄の料理

鶏肉は、やや、小さくサイコロ状に切るか、細く短冊状に切るか、いずれも熱が通りやすくしておきます。

松葉博雄の料理

鶏肉を出し汁と一緒に、行平に入れて、煮詰めてふたをして、しばらく待ちます。

松葉博雄の料理

そして、火を消すちょっと前に、卵を上からかけます。これで、おいしそうな親子丼ができました。

松葉博雄の料理

アツアツの親子丼の具を、炊きたてのご飯の上に載せて、そしてできあがりです!

松葉博雄の料理

娘がインゲン豆を湯がいて、ごまだれを付けて、色を添えています。さて、この親子丼を、お店で売るとしたら、親子丼の値段をどうするかという話になりました。

松葉博雄の料理 

「パパ、この親子丼、いくらだったら売れると思う?」と、娘が尋ねるので、「そやな・・・、この親子丼なら850円くらいやろうかな?」と仮価格を言うと、「こんなにお肉が入ってて、なめこ汁も美味しいし、それは、ちょっと安すぎるわ~」となります。

松葉博雄の料理

そこで、850円の値段の据え置きにして、お皿に盛る量を減らして、親子丼を何杯も取る、という、質は同じで、量を減らすという作戦に落ち着きました。

松葉博雄の料理

さて、この親子丼のお料理いくらだったら、お支払いいただけますでしょうか?

松葉博雄の料理