播磨灘で獲れたイカナゴを待っているのは、漁師さんとアオサギ、ゴイサギです。

いかなご漁は、鮮度が命です。未明に港を出て、午前中に漁を終えて、捕れたイカナゴはすぐにセリにかけられます。

イカナゴ漁が解禁されました。

2017年春のイカナゴ漁は、かなり不漁のようです。

今日は、淡路島の岩屋港に行って、イカナゴの水揚げを見てきました。

イカナゴ漁は、2017年3月7日に解禁されました。

岩屋漁港からは午前4時頃から播磨灘に向かって、漁船が出航しています。

午前10時頃には、漁を終えた漁船が港に帰ってきて、すぐにイカナゴのセリが始まっています。

漁師さんの話しでは、イカナゴの水揚げは大変少なく、値段は昨年の3倍ほどに上がっているようです。

イカナゴの篭に近づいてみると、今年のイカナゴは、解禁早々なのに、かなりイカナゴのサイズが大きくなっています。

漁師さんの話では、水温の影響のようです。

岩屋漁港に着いた漁船は、コンベアーですぐに水揚げされるように、少しでも時間短縮の工夫がされています。

岩屋漁港には、イカナゴを捕ってきた漁船から水揚げするときに、イカナゴがこぼれ落ちるのを待ちかねて、カモメやアオサギが集まってきています。

体の大きいアオサギは、港の中で悠々と歩き周り、人が近づいても臆することなく、逃げる事もありません。

私が写真を撮ろうと近づいてみると、漁業関係者の方から、岸壁から落ちるから危ないのでアゴサギに近づかないようにと、私の方が注意されました。

岩屋漁港の周りには、望遠レンズのついたカメラを持って、イカナゴ漁の船が帰ってくる様子を捉えようと、アマチュアカメラマンが列を作って並んでいました。

アオサギは、ユーラシア大陸で夏に繁殖して、冬になると、こちらに飛んできているようです。

アオサギの大きさは、88~98cmほどあり、翼を広げると、150~170cmもある大型の鳥です。

アオサギは、水揚げされた、トロ箱に入ったイカナゴを、係員がいなければ、大きなくちばしで頂こうとそのチャンスを狙っています。

しかし、岩屋漁港の関係者の皆さんは、アオサギも、ゴイサギも、カモメも、追い払おうとはしていません。

むしろ、売り物にならないような、魚が混じっていれば、鳥たちに投げてあげています。

漁船から陸に揚げられたイカナゴは、鮮度が命なので、すぐに競りにかけられ、一箱がいくらかで値段がつけられています。

いくらの値段がついているのか、近づいて聴き取ろうとしてみましたが、仲買人の皆さんの会話は、早口と業界用語の為、何を言っているのか分かりませんでした。

沢山のトロ箱を用意して積み上げていますが、午前10時台では、早朝出航した船は、まだわずかしか戻っていないので、使われるトロ箱は僅かなものです。

アオサギは、昼網が帰ってくるのを、トロ箱の前でじっと待っているようです。

アオサギとゴイサギには、今年はイカナゴの不漁だということが理解出来るでしょうか?

岩屋漁港であがるイカナゴが一番美味しいと言われていますが、漁港では、小売りをしてくれないので、これから今朝上がったばかりのイカナゴを、小売店を探して、値段を確認してみます。