メニコンの森山久本部長と、九鬼真之副本部長と、経営のお勉強会です。

神戸吉兆で、森山久本部長と、九鬼真之副本部長の昇進祝をしました。 社長ブログ神戸/取引先/メニコン/経営勉強会

メニコンの森山久国内営業本部長と、九鬼真之副本部長の、お二人の昇進を祝って、神戸吉兆で食事会です。

同席するのは、メニコンの安部優さんと、菊川紀幸さんです。

森山久さんと、九鬼真之さんは、阪神淡路大震災の頃と、その後の神戸営業所で我が社を担当して頂いていました。

もう20年以上のお付き合いで、我が社を担当して頂いていた方が昇進することは、とても嬉しく思います。

今夜の食事会の場所は、神戸大丸の近くにある「神戸吉兆」です。

今夜は、昇進祝いだけでなく、経営に関する松葉塾を併せて行っています。

何しろ、重責になればなるほど経営知識は必要なので、いろいろな取引先の方と、経営談義になったとき、会話が対応できるようにという気持ちで応援です。

吉兆の料理は、コース料理なので、いろいろなメニューがゆっくりと運ばれてきます。

ビールは、好きなアサヒスーパードライをお願いしました。

長年のお付き合いなので、上着は脱いで、胸襟を開いて、事例話を交えながらの経営談義です。

神戸商科大学(現 兵庫県立大学)大学院、大阪府立大学大学院、大阪市立大学大学院で研究した経営学や、マーケティング論、組織論、競争戦略論などを話しながらの会食です。

①問題意識をもって考える

何か疑問があったら、なぜ?を自問自答してみて、一度答えが出たら、更にその答えに対して、もう一度、なぜ?と、さらに深堀してみる、

そしてもう一度答えを出してみて、その答えに対して、また、なぜ?と考えて、三回なぜ?を繰り返してみれば、段々問題の本質が出てきます。

②問題解決に対して、仮説を立ててみる

何か問題を見つければ、それに対する解決方法として、こうすれば良いのではないかと、仮説を考えて、仮説の通りに問題解決にあたります。

そして、一定期間が過ぎると、その仮説は正しかったかどうか、検証してみる癖をつけます。

③モチベーションを上げるために、インセンティブを活用する

小さな目標でも、大きな目標でも、ゴールを決めて、そのゴールに向かって皆が進むようにする為には、途中の課程で、結果に対するインセンティブを用意していれば、長期的な計画でも参加者を励ます事ができます。

こんな内容の話だけでなく、公表できない経営の話もしています。

主に戦略論です。戦略は、相手に読まれては戦略にならないので、公表することはできません。

だんだん話は熱を帯びてきて、もっともっと知らなかった経営に関する話を期待していますが、短い時間で出来る経営談義は、このくらいです。

神戸吉兆の個室に入った瞬間から、私はくしゃみが続きました。

あまりにもくしゃみが何度も出るので、これは何かアレルギーではないか?と仮説をします。

では、アレルギーの元はなんでしょう?

もう、花粉症の時期は終わっています。

お料理はまだ食べていません。なのにくしゃみが続くのは、この部屋にある何かが、抗原抗体反応を起こしているのではないかと思い、見回してみると、床の間に花が生けられています。

ひょっとすると、この花から出る花粉かもしれません。

お店の方に尋ねると、この花は、ユキノシタ科の随菜(ズイナ)です。

随菜がくしゃみの原因ではないないかと仮説して、これを検証しようとすれば、随菜を外せば、くしゃみが止まるはずです。

確かに、エアコンの流れを変えると、随菜の花粉流れも変わり、くしゃみは止まりました。

これが今夜話した、仮説検証型の論理展開です。

森山久さんも九鬼真之さんも、しばらくは全国の主要取引先に挨拶回りが続くそうです。

名古屋本社を中心とした全国の得意先回りは、新幹線を使ったり、飛行機を使ったり、車を使ったりで、その移動時間が大変なようです。

当然外泊も多くなり、外食も多くなり、体調管理もしっかり気を付けなければ、メニコンの屋台骨を背負っているので、職務遂行は難しくなります。

森山久さんも九鬼真之さんも、神戸営業所からの顔馴染みで、大阪営業所でも一緒に仕事をしていたので、気心は通じていて、コンビとしてはとても良いコンビだと思います。

約2時間半の食事会兼経営勉強会は、楽しく終わりました。

神戸吉兆を出るとき、神戸吉兆の若主人平野誠人さんが、ご挨拶に出てこられました。

大変美味しいお料理だったので、こちらからも美味しかったですとお礼を申し上げ、また来させてもらいますと、言ってお店を出ました。

今夜は昔話がよく出ました。

我が社とメニコン社は45年のお付き合いなので、幹部社員の皆さんの名前は、昔話の中にどんどん出てきます。

不思議な事に、忘れていた人の名前までが、自然にすーっと名前が思い浮かぶのには、自分自身でも驚くくらいです。

2016年5月15日(日)