東日本大震災と津波の経験は、阪神淡路大震災の経験と、通ずるところもあれば、津波の方がもっと被害が大きいことも分かりました。

大街道コンタクトレンズの森潔英社長と、魚町コンタクトの渡部敏信会長と、酌み交わすお酒は、これまで歩んできた人生の思い出でもあります。 東日本へ出張(6)

今夜、森潔英社長が用意して下さったお酒、大吟醸 日高見(ひたかみ)は、宮城県の平孝酒造のお酒です。

株式会社平孝酒造

〒986-0871 石巻市清水町1-5-3

TEL:0225-22-0161

とても飲みやすい大吟醸です。お酒好きが集まると、この瓶も空になってしまいました。

森潔英社長から、東日本大震災の頃の話がありました。被災したとき、視力表が残っていたので、オートレフラクト計が無くても、5メートルを基準にして、何歩歩いたら見えたかで、その方のレンズパワーを測定したそうです。なかなか、理論的な実践論だと、感心しました。

千葉きい子さんは、東日本大震災を経験しています。コンタクトレンズと、眼科のお仕事に関わっていると、多くの被災者と、共通の絆が出来ていて、当時の話を聞かせて頂きました。

渡部敏信会長さんは、釣りが大好きで、ここ石巻でも釣りをしたそうです。でも、まだ観客用の釣り船は用意されていないようです。

渡部敏信さんは、46歳のときに大病を患い、奇跡的に生還したので、その後の考えが、人のためになることが良いことだという考えに変わったそうです。献体にも積極的です。

しかし、実際に献体するとなると、家族、病院を繋いでくれるのは、実は葬儀社だそうです。だから、生前から葬儀社に、どのようにしてほしいかを伝えておくことが、献体には必要だと言われていました。

石巻では、震災と津波で、多くの方が犠牲になっている為、家族の話をなかなかしにくいようです。ひょっとして、家族の方に犠牲者がいるかもしれないからです。

金華鯖の檸檬餡 アスパラ、パプリカ添えも出てきました。

次々にお料理が出てきますが、いつものように、飲んだら食べられない、食べたら飲めない、小さな胃袋なので、全部は食べきれていません。

大もりやの創業は、明治26年です。初めて頂くお料理ですが、魚の新鮮さには、箸が進みます。全部食べたい気持ちですが、だんだん後になるほど、お皿にお料理が残ってしまいました。

東京銀座の、すし家一柳に続いて、今夜も美味しそうな生牡蠣が用意されていました。

これも美味しそうです。レモン汁をかけて、頂きました。この辺りなら、新鮮で、牡蠣であたるとは思えないので、頂いてしまいました。

明日は、皆さんとコンタクトレンズの正しい普及を目指した、勉強会です。今回は、幹事役の森潔英社長が議長役なので、どんな勉強会になるのか、楽しみです。

最後の〆は、五目炊き込みご飯でした。おやま鶏、牛蒡、舞茸、筍、油揚げ入りです。

これだけたくさんあって、一人前とは、驚きのボリュームです。

向こうの方に、まだお座敷がありました。少し前に進んでみると、お部屋の中でお客様が、お食事中でした。

すっかりご馳走になり、大吟醸の酔いも回り、良い気分になってきました。

石ノ森章太郎さんの漫画のキャラクターの像が、石巻市にあちらこちらに立てられています。

鳥取県の境港に行くと、水木しげるさんの、ゲゲゲの鬼太郎シリーズの像が、あちらこちらに有りました。

2014年10月21日(火)