美馬市穴吹町の油屋 美馬館は、官営から民営に代わった宿泊設備のホテルです。

美馬市の穴吹川の高台から、雨のカーテンか、ゲリラ豪雨か、集中豪雨か、突然雲が現れ、辺りを隠すほど、強い雨が降る様子を見ました。 徳島 (13)

今日泊まる宿は、美馬市穴吹町にある、「油屋 美馬館」です。美馬市と言えば、昔からの町並みや、世界に誇る、蘭の栽培など、たくさんの魅力があります。

油屋 美馬館は、元々は国が事業主体の宿でした。それが、官営事業の行き詰まりにより、民間に払い下げられ、今の油屋 美馬館になったそうです。

国から施設を買った事業主は、大阪でお酒の小売りを行っている企業です。

川が近いからか、川遊びやカヌーの体験など行っています。

明日の予定は、片山正喜さんと、穴吹川で川遊びをする予定です。

この油屋美馬館から、麓に川が流れていて、この川が合流する地点を、川遊びの場所と予定しています。

河原では、川遊びをしている家族連れの姿が、宿からも見て取れます。

問題は明日の天気です。晴れたら良いなぁ、晴れたら良いなぁと、願っているのに、何やらおかしなお天気になってきました。

これは珍しい、気象状況です。目の前に雨雲が現れ、雨雲からは、カーテンをひくように、地上に向かって強い雨が降り注いでいます。

雨雲のカーテンは、どんどん横に広がっていきます。

向こうに見えている山が、段々と雨のカーテンで見えにくくなってきました。

雨のカーテンは、どんどん横に広がり、あの雲の下は、きっと大雨が降っているようです。

普段、突然降る雨も、高いところから、離れた所から雨が降る様子を、見る機会はありません。

それが今日は、ラッキーなのか、明日のことを考えれば、アンラッキーなのか、雨雲が広がり、カーテン状に雨が降り注ぐ様子を、高台から見ることが出来ました。

不思議な自然現象をゆっくり見ることが出来ました。美馬市の市街地は、雨の雲に覆われて、見通しが出来ないほど、雨雲に覆われています。

しかしそれも、しばらくすれば、霧が晴れるように、雨雲が薄らいでいき、先ほど見えなかった遠くの山が、ゆっくりと元に戻って、見えてきます。

その雨は、やがて、向こうの方から、こちらの方に移動してきて、松葉博雄が見ている宿の窓は、雨に吹き付けられるようになりました。

雨が降る様子をゆっくり見た後は、夕食です。今日は懐石プランを予約していました。

前身がグリーンヒル(国民年金健康保養センター)で、2年間の閉館期間があったそうです。再開するにあたり、今の従業員で、油屋 美馬館を、もり立てていこうと、みんなで力を合わせているそうです。

集客は主に、インターネットが頼りです。松葉博雄の場合も、インターネットで、油屋 美馬館を見つけました。

地元の集客は、今居る社員の仕事です。同窓会、行事の後の食事会、各種催しに使ってもらうよう、リーフレットを持って、営業活動をしているそうです。

油屋では、バーベキューや、ビュッフェパーティーなど、様々なイベントを行っているようです。

御料理は、刺身盛り合わせ、季節の焼き物、釜飯、茶碗蒸しと続きます。とても全部は食べきれません。

まだ、料理は続きます。次は、季節の天婦羅です。

もったいない、もったいないと思い、釜飯を残しては、もったいないと思い、サランラップを借りて、おにぎりを3つ作りました。

夜になって、先ほど雨のカーテンを見た景色は、夜景に変わっています。比較的、明かりが少ない、緩やかな、人口が感じられる、夜景です。

2014年8月27日(水)