浅井隆著「国債暴落サバイバル読本」を読んで、寒々しい気持ちで歩いていると、氷柱がセンター街に立っていました。

浅井隆著「国債暴落サバイバル読本」には、恐ろしいような、日本の国家破産の予想が書かれています。神戸三宮センター街の氷柱より、寒い寒いお話です。

海の日が近づきました。そろそろ、梅雨も明ける頃です。三連休の土曜日、神戸三宮センター街では、氷柱が何カ所かに設置され、道行く人が涼を求めて、子どもも大人も氷柱に触れて、冷たさを楽しんでいます。

この頃気になる本は、浅井隆さんの著した、「国債暴落サバイバル読本」です。新聞広告を見て、「国債暴落サバイバル読本」を買って、読んでみました。

浅井隆さんは、第二海援隊と称して、株・為替・国債の暴落を予言し、資産保全を呼びかけています。

読んでみると、国債が暴落すると、その先に、恐ろしいことが起きることを予言しています。

現在の日本の借金は、2014年3月現在で、1025兆円です。それが、毎年毎年、金利も合わせて借金はどんどん増えています。

本の売れ行きは、表題がセンセーショナルなほうがよく売れるようです。怖いもの見たさの気持ちで、つい、引き込まれてしまいます。

松葉博雄は、2000年4月から2003年3月迄、神戸商科大学大学院で、経営学と経済学で、多くの講座を受講しました。その中に財政学もありました。

その当時から、国債が毎年毎年発行されると、近い将来、もし金利が上がれば、国債は大暴落すると、講義でも聴きました。

アカデミックな研究でも、金利の上昇は、国債の暴落を引き起こすと、財政学の先生は言われていました。だから、浅井隆さんの言うことも、あながち根拠のないことではないように思います。

国債大暴落の危機は、間近に迫っているようです。浅井隆さんは本の中で、およそ3年後を予想しています。

「国債暴落サバイバル読本」を、夜、寝間の中で読んでいると、氷柱に触れるほどの寒気を感じます。何の準備もしていなければ、まるで、ノアの方舟に乗り遅れそうな気配です。

センター街を歩いていると、三連休の初日なので、買い物客の皆さん、家族連れの皆さんは、国債大暴落の事などは、気付いていないような平穏さを感じます。

大袈裟に書けば、注目が集まり、本が売れるのではないかと、穿った見方も出来ます。しかし、現実、日本も、国も、地方政府も、借金だらけだと言うことは、紛れもない事実です。

センター街の氷柱には、氷の中に、熱帯魚のおもちゃが入っていて、子ども達は指の熱で氷を溶かして、中の熱帯魚のおもちゃを、取り出そうとしています。

このようなおもちゃが入っている氷柱には、子どもが集まり、子どもについている親も集まり、人だかりが出来ています。

他方、氷柱の中に、指の熱で中のおもちゃが取り出せない氷柱は、人だかりがやや少ないように感じます。

このように、同じ氷柱でも、何か自分にとって利得が感じられれば、人は集まってきます。

通貨も同じように、強い通貨を求めて、アメリカドルに人気が集まってきます。もし、日本の国債入札に陰りが出れば、たちまち、国債は暴落の危険性をはらんでいるようです。

2014年7月19日(土)