淡路島の生しらすマップは、島外の観光客を呼び寄せています。マーケティングの成果です。

北淡町のびわ農家には、びわにとって、肥沃な土地を持つことが、競争優位になります。土地が競争優位を生む源泉であると、経済学では、「レント」の概念で説明しています。  淡路 (2)

淡路島の淡路市は、鹿の背骨のように、真ん中に山脈があり、南と北が、大阪湾側と播磨灘に別れています。北側の播磨灘側に降りていくとき、旬菜魚彩「しいのみ」の看板が目に付きました。

お店は12時から開店です。まもなく12時です。

12時前から、淡路島の住民以外の人が列を作っています。これは、地元の人より、地元以外の人に人気がある証拠です。

開店と同時にお店に入り、注文しようとしたのは、地元の魚料理でした。

ところが、お刺身を中心とした魚料理や、お寿司のメニューはありませんでした。

あるものは定食です。ひとつは、淡路牛の肉どんぶり定食です。

もう一つは、穴子どんぶりの定食です。

穴子どんぶりの定食なら、この近くにある、穴子専門店の魚増で、先日行ったように、焼きたての穴子を買ってきて、白いご飯と一緒に浜辺で食べた方が、淡路らしくなります。

松葉博雄と奥さんは、看板を見て、旬菜魚彩なので、地元の捕りたての魚料理と、地元の新鮮野菜の創作料理と思い込んでいました。

淡路島の淡路市では、2014年度は、48店舗が参加して、淡路島の生しらすを提供するお店の紹介があり、その広告効果で、たくさんの観光客がしらすどんぶりを期待して、参加店舗に来ています。

地元の人の話では、しらすどんぶりを期待していないそうです。しらすどんぶりは、冷凍のしらすを解凍しているからです。やはり美味しいのは、地元の人が食べている、捕れたての生しらすです。

淡路島の生しらすの企画は、かなりヒットしています。作る側も生しらすどんぶりだと、冷凍生しらすを解凍すれば、仕入れの見込み違いのリスクがありません。料理作業も簡単です。

観光客も喜び、参加店舗も喜び、あわじ市も喜び、ウィンウィンの関係ができています。しかし、何度も淡路市に来ている人には、一度食べたら、名物を食べたという経験満足で終わりです。

≫2008年6月

次は、これから始まるびわの産地に行きます。びわと言えば、北淡町の轟(とどろき)地区です。轟には、これまでびわの生産地を訪ねて、びわ畑にまで行っています。

北淡町の轟地区は、播磨灘に面した、山の斜面を利用して、びわの木を栽培しています。

びわの栽培農家は、その山の土地が持つ力と、日当たり具合、追加で施す肥料などにより、僅かに離れた場所でも、農家の一軒ごとに、びわの味が違うそうです。つまり、びわの販売で、競争優位を得るのは、びわにとって、肥沃な山を持っていることです。

これは経済で言うレントです。競争優位の考えは、土地の持つ優位性、つまり、レントで決まると言われています。肥沃な土地は、農作物が沢山収穫できるので、肥沃な土地を持つことは、競争優位になるからです。

更に毎年の気象条件で、びわの甘さが変わってきます。

6月の中旬の2週間は、北淡町のびわ農家にとって、その年の収入を決定する大切な期間です。

びわの実を収穫する人、収穫したびわの実を選別する人、選別したびわの実を箱詰めにする人、箱詰めしたびわの実をお客様に勧めて販売する人、これらの作業を、分業でする農家もあれば、一人が何役も、兼任する農家もあります。

今日のびわ農家は、屋号を出していません。女将さんに尋ねると、畑は販売店のすぐ上にある、びわ畑だそうです。

びわ畑は、他の農作物では利用できない土地でも、びわなら利用可能な土地になります。びわはひとつひとつ袋掛けをして、鳥の害を防いでいます。

お話を聞けば、販売できるまでには、大変なご苦労があることが分かります。

2014年6月12日(木)