菊池浩史さんからの質問です。3年で博士号を取得するには、どうしたらいいのですか?

3年で博士号を取得するには、禁欲生活をしてください。査読論文を採択されるのは、厳しいですよ。

菊池浩史さんは、大阪市立大学大学院創造都市研究科博士課程後期に、今年の春から入学した、新入生です。松葉博雄も、2007年4月に入学セレモニー・ガイダンスがあり、研究がスタートしました。

お仕事は住宅関係のお仕事で、資格として不動産鑑定士の資格を持っておられます。4月7日に初めて菊池浩史さんのゼミの発表を聞かせてもらいました。

レジュメを頂くと、これから3年間の博士課程の学習計画がきっちりと出来ていました。

今日の菊池浩史さんの訪問の目的は、松葉さんのように、3年間で博士号を修得するにはどうするかという、経験に基づく体験談をお聞きしたいそうです。

なかなか積極的な姿勢です。手土産も頂きました。博士号を3年で修得するには、かなり強い意志と、覚悟と計画が必要です。

3年間の間に、いくつかの学会で研究発表をして、査読論文を投稿して、採択される事が博士論文を書く条件になります。

ところが査読論文は、学会によっては、審査期間が予想以上に長引くことがあります。査読論文を書くだけでも大変なのに、投稿した後に、何ヶ月も、場合によっては一年以上も、採択通知を頂くまでに時間がかかる事があります。

ひとしきり話をした後、夕食にお誘いしました。場所は、さんプラザビル地下の、とんかつの武蔵です。

少しずつ打ち解けてくると、松葉博雄さんは、3年で博士号の修得が出来たのは、何が原因なのですか?、どんな事に気を付けたのですか?と尋ねられました。

思い出してみると、まず研究中の3年間は、ほとんどのお付き合いを絶って、禁欲生活を送った事です。飲み会も、交流会も、懇親会も、誘われても行きません。

次に、毎日こつこつと、例え短時間でも、かならず本を読む、文字を書く、ノートを書く、パソコンに向かうといった、習慣をつくることです。

ゼミの発表の機会を、出来るだけ多くして、多くの意見を聞き、どこを直すべきか、どんなところが不足しているかを、周囲から指摘していただくことです。

特に大切な事は、何を研究したいのか、何を書きたいのか、何を明らかにしたいのか、研究目的を明確にするよう心掛け、研究テーマがぶれないようにすることです。これがぶれると、大海原を漂流する船のように、羅針盤が壊れた難破船のように、目的地を失った船のように、いつかは座礁するか、燃料切れになってしまいます。

2014年4月30日(水)