子供連れで行けるお寿司屋さんは、多くはありません。高松のやまもと寿司は、受け入れてくれました。

子供が騒ぐと、お寿司屋さんでの商談の邪魔になります。デートの邪魔になります。人生相談の邪魔になります。それでも、子供を連れて行かないと、外食ができない家庭も多いのです。  高松ツアー(8)

高松のおいしい魚料理を食べたいなと、事前に探して貰ったお店は、「やまもと寿司」です。U君を連れた子供連れなので、高級店は、幼児お断りになっていますが、やまもと寿司では、子供連れでも受け入れてくれました。

お店の大将の山本晃さんの、フェイスブックのページがありました。山本晃さんは、最近奥さんと入籍したばかりの、新婚さんのようです。

やまもと寿司は、2014年4月5日で、オープン10周年を迎えるそうです。やまもと寿司の周辺には、丸亀町グリーンや、高松駅などがあります。

山本晃さんは、全国すし商生活衛生同業組合連合会から、表彰を受けています。

外は雨で、こんな雨の日は、お客様の来店はあまり期待が出来そうにありません。

U君が興味津々で、カウンターの中の方を見ています。

U君の食事は、ビールやお酒を飲みながら、ゆっくりすすめる大人の食べ方には歩調が合いません。できるだけ早いうちに、美味しそうな物と、おなかがいっぱいになりそうな物を、先に出して貰います。

しばらくして、握りが出来上がりました。

おいしそうな握りです。

お寿司を食べながら、高松の人口について、どのくらいなのか尋ねてみました。

高松は百万都市と言っていましたが、思い違いのようで、香川県全体でも100万人弱です。高松市だと、43万人ぐらいでした。

U君は、また好きな食材をおねだりに、松葉博雄のところにやってきます。

美味しそうな、鯛のかぶと煮が出来上がりました。やはり予想通り、雨の夜はお客様が少なく、お客様は、松葉博雄の一行だけでした。でもそれは、子供達の騒ぎ声が、他のお客様に迷惑にならなかったので、結果的には幸いです。

ホテルに戻ってすぐ眠ってしまい、目が覚めると神戸に戻る朝になっていました。

2014年4月3日(木)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です