可愛院勇気凛々大居士(愛犬りんりん)が亡くなったのは、リーマンショックの頃です。

りんりんがあの世に旅立つ時には、呼び鈴を押して、行ってくるねと、りんりんの音をたてて、出て行きました。

リーマンショックから早くも5年が経過しました。2008年9月15日に、リーマンブラザーズが破綻した頃、愛犬りんりんは、命がつきる寸前でした。

りんりんは、悪性リンパ腫に犯され、かかりつけのリバティー動物病院で抗がん剤の治療を受けていましたが、2008年9月21日に、家族の皆に見守られながら、ゆっくりと消えるように、命の灯火が消えていきました。

命日の朝、庭に咲いた朝顔の花を見ると、僅か朝の時間だけ綺麗に咲いて、日が昇ると消えていく朝顔の花から、りんりんが消えていった事を連想してしまいました。

そうだ、今日はりんりんの命日なんです。りんりんが亡くなって、皆さんが悲しむので、りんりんが家族の皆に愛されているという事を思い出して、りんりん専用の仏壇を設置し、位牌を作りました。

りんりんの戒名は、『可愛院勇気凛々大居士』となりました。それは、りんりんが可愛くて、勇気があったからです。

朝顔のツタが伸びるように、りんりんの思い出も、りんりんが亡くなっても、伸びていきます。

りんりんの思い出は、りんりんは、普段の何もない平穏な生活こそ、幸せであることを、家族のみんなに教えてくれました。

りんりんが亡くなった日のお通夜の夜、真夜中の1時か2時頃、突然家の外のチャイムを押す人がいて、ピンポンと音がしました。しかし、すぐに外に出ても、人影はありませんでした。

不思議なことに、そのインターホンの音が聞こえた人がいたり、聞こえなかった人もいました。不思議なことです。松葉博雄にははっきりと、ピンポンの音が聞こえました。

今朝の新聞の広告を見ると、『あの世が存在する7つの理由』という本がありました。やはり、あの世は存在するのでしょうか?りんりんが、あの世に行くときに家のチャイムを鳴らして、家族の皆に、行ってくるねと挨拶したのであれば、誰もいないのに、チャイムが鳴った理由がよく分かります。

りんりんが亡くなったとき、従業員のお母さんが、ホームページのりんりんの記事を読んで、 切り絵であの世にいる、りんりんの幸せそうな絵を作ってくれました。

二人の娘に、りんりんは選ばれました。ペットショップにシーズー犬を選びに行ったとき、二人の娘は、背中に、☆のような白い模様の毛がある、りんりんを選びました。

娘が付けた、りんりんの最初の名前は、ショコラでした。しかし呼びにくいので、松葉博雄が改名を勧め、勇気凛々から、りんりんに名付けました。やはり、りんりんの方が良かったです。

りんりんが好きだった、テトラポットの形をしたおもちゃをお供えしています。このテトラポットを押さえると、キュッキュと音がします。その音が聞こえると、条件反射としてりんりんは、ウォーと長く引っ張った鳴き声を聞かせてくれます。もう一度聞きたいなぁ。あのりんりんの鳴き声を。

生前のりんりんの活躍ぶりは、こちらでご覧下さい

2013年9月21日(土)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です