ゆたか屋は、徳島市の鮎料理のお店です。

ゆたか屋は、徳島で140年続く、天然鮎料理のお店です。 徳島へ日帰りツアー(2)

近隣ドライブで、四国の徳島を選んだのは、四国の鮎を賞味することが主な目的です。インターネットで検索すると、「ゆたか屋」が紹介されていました。それで徳島市のゆたか屋を目指しています。

カーナビのおかげで、初めてのお店だったゆたか屋に、迷わずに来られました。時間は11時で、お昼には少し間がある早さです。

松葉博雄の勝手な予想では、ゆたか屋は、鮎が泳ぐ清流の川の流れに面したお店だと思っていました。

ところが、ゆたか屋のお店の前も、横も、後ろも、鮎の泳いでいるような川は流れていませんでした。

11時になれば、8月初旬の日差しは、痛いような暑さです。アスファルトの照り返しが、炎のように体を熱していきます。

お店に入ると、一転して、クーラーの涼しい風が、体全体に向かってきます。ほっとするほどの涼しさです。入り口には水槽があり、水槽には鮎が、周囲の気配を察して、人が通る度に驚いています。

天然鮎・いのしし・季節料理『ゆたか屋』は、明石海峡大橋から車で約90分の勝占町にあるお店です。

徳島で百四十年の時を刻む老舗”ゆたか屋”が、有名なようです。席に案内され、メニューを見て、料理の注文です。お目当ては、鮎の塩焼きです。

夏の風物詩『鮎』。鮎はフルーツのような爽やかな香りから、別名”香魚”とも呼ばれています。塩焼きの鮎は、単品だと1200円です。

鮎にも、大きいサイズと、小さいサイズがあり、コース料理にすると、大きいサイズの鮎を選ぶことが出来ます。地元の河川より専属の漁師から鮎を仕入れ、鮮度を保ったまま調理しています。

鮎づくしの料理が始まります。始めは、鮎の酢の物です。

ドライブ中なので、ビールは、ノンアルコールビールです。

一番美味しいのは、鮎の塩焼きですが、お運びさんに、この鮎の焼き方は、炭火ですか?と尋ねると、いかにも、入ったばっかりのアルバイトのようなお運びさんは、厨房に行って聞いてきますと、尋ねに行きました。

鮎寿しのごはんは、ややべったりとした炊き方で、これも伝統の味なのかと思いました。

鮎の塩焼きは、たっぷり塩を振っているので、最初は箸の先を使って、出来るだけ塩を掃くように、除いていきます。

鮎の塩焼きの焼き方は、炭火ではなくて、ガス火でした。

養殖鮎と、天然鮎の、食べたときの味の差は、天然鮎は、石に付いた苔を食べて育っているので、苔の香りが匂ってくることです。

12時を回ってくると、隣の部屋にも、家族連れのお客様が入ってきて、料理の注文をしている声が聞こえてきます。

ゆたか屋には、丼物もあるようで、天丼とか丼の注文をする声が聞こえてきます。

鮎の天ぷらを、ゆたか屋の女将さんのような方が運んできたので、この辺りの地図をいただきました。

神戸から来ているので、どこかこの近くで、野菜や果物の買い物が出来る所を教えてもらいました。

神戸を出るのが早かったので、朝ご飯を食べる時間もなく、今の鮎寿司が、朝昼兼用食です。

普段なら残しそうな、お米が一杯入っている鮎寿司も、今日は完食です。

ノンアルコールビールなのに、ドライブの疲れが出たのか、それとも、暑気あたりなのか、少し頭がフラフラして、まるで本物のビールを飲んだような気分です。

お座敷なので、食べた後は少しゆっくりさせてもらい、一呼吸置いて、次の場所に移動です。

四国の鮎といえば、吉野川の鮎と思っていたら、地元の近くの川で釣り上げた鮎を購入しているようでした。

ゆたか屋
徳島県徳島市勝占町下敷地1
088-669-0972

2013年8月1日(木)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です