朝飯前:朝飯前の献立は、初物をふんだんに使った献立です。

朝飯前:朝飯前の献立は、初物を沢山使った献立です。松葉博雄の立派な朝ご飯の献立も、奥さんにかかれば朝飯前です。初物を食べると、75日長生きすると言われています。

朝飯前の献立は、初物が沢山出てきました。松葉博雄の立派な朝ご飯です。この立派な朝ご飯の献立も、奥さんにかかれば朝飯前です。朝ご飯の献立は、季節によって変わって来ます。昔から、初物を食べると長生きをすると言われています。奥さんと、食事の時に、初物を食べるとどうして長生きできるのか、その理由を話したことがあります。

**

初物を食べると、食べ物から、エネルギーを貰えると思っていたようですが、実の所、初物を食べると、長生きができる理由は、別に理由があるのです。

**

これは、江戸時代の罪人(死刑囚)に、最後の願いを聞いてあげるという、ややお情けがありました。その時に、今の季節にないもっと先の季節の食材を食べたいと言えば、奉行所は、初物が出るまで処刑を待ってくれたと言う逸話があります。

**

これもホントかどうかは分かりませんが、なるほど、それなら、長生きしたいのなら、冬にスイカが食べたい。夏に、みかんが食べたい。春に、サンマが食べたい。秋に、たけのこが食べたい。と、お願いすれば、お願いした食材が出回るまで、待ってくれたのかもしれません。

**

わたしの朝ご飯は、奥さんが作ってくれます。必ずつくのが、味噌汁です。味噌汁は、季節の食材を味噌汁の中に入れます。春ならわかめ、そして、木の芽を添えます。初夏には、タケノコ、タケノコにわかめを添えます。

**

奈良漬けは、京都から娘が買って来てくれた奈良漬けです。和泉長特選 都錦 味淋漬は、京都市下京区 綾小路通烏丸西入童侍者町160にある、田中長奈良漬店の奈良漬けです。

**

これは、人参の葉とじゃこを、奥さんが朝からせっせと作ってくれた炒め物です。人参葉は、材料費としては、高くありませんが、炒め物を作るのに手間のかかることと言えば、相当なものです。ふりかけのようにして、ご飯にまぶして食べるととっても美味しいです。

**

小皿に盛られた梅干しは、かなり大粒の梅干しで、見ているだけで唾がでて、梅干しの傍についている、しその葉は湯飲みのお茶に入れて、飲みたくなるような酸っぱそうな味です。こんな大きな梅干しを、ひとりで一粒食べるには、ご飯が2杯もいりそうなので、分割して食べることにします。

**

分割と言うのは、一粒を一週間くらいで食べる事です。この梅干しは、広島県の忠海町を訪れた時、スーパーのお店が漬けた梅干しです

一瓶丸ごと買って来たので、まだまだ沢山残っています。昔風の漬け方で、まじめな酸っぱさを持っています。まじめと言うのは、本来梅干しが持っている酸っぱさが、まじめに出ていると言うことです。

**

これだけ色々なおかずがあると、ついご飯を、2杯目のおかわりをしたくなりますが、おかずに釣られておかわりをすると、後でお腹の肉が大変なことになってしまいます。ご飯は少なめに、おかずは、少しずつ色々な種類を頂いています。

こうして、毎日、あれやこれやと趣向を変えて、松葉博雄の奥さんが、朝ご飯の献立を考えてくれています。ご飯は、毎朝、毎食、お釜とガスで炊いたご飯です。

今日も、野菜たっぷり栄養満点の朝ご飯を頂きました。ご馳走様でした。

 

2011年5月4日(水)