夏の思い出 子供たちと遊んだ、夏の日の思い出を探します。

夏の思い出 子供たちと遊んだ、夏の日の思い出を探します。三田市の羽束川渓谷のこにし観光園を訪ねて。水耕栽培トマトを探して(3)

王地山平左衛門稲荷神社(負け嫌い稲荷)で、みたけの鯖寿司を食べた後は、次の予定は、水耕栽培のトマト農園訪問を予定しています。

水耕栽培トマト

水耕栽培トマト

水耕栽培トマト

カーナビに場所を設定して、丹波篠山の郊外の方に進みます。

水耕栽培トマト

カーナビの身勝手なところは、近くに来たら、案内をやめてしまうことです。あとは自分で探しなさいと、せっかく近くに来ていながら、その先の、玄関先まで行ってほしいものです。

水耕栽培トマト

仕方がないので、道路の脇で、黒枝豆を売っているテントに入り、この辺でトマトの水耕栽培をしている、農家はどこですか?と尋ね、教えてもらいました。

水耕栽培トマト

水耕栽培トマト

水耕栽培トマト

見つけた場所は、カーナビがこの辺りですよと、案内した道路から、かなり奥の方です。ガラス張りの温室が、10棟ほど並んで、たっています。ありました。ありまいた。温室の中には、トマトがいっぱい育っています。でも、人影がありません。一棟ずつ、覗いてみても、人影は、トマトの枝に隠れて、見つかりません。

水耕栽培トマト

水耕栽培トマト

出荷できないような、B級かC級の、トマトがポリバケツに入っています。処分品と思っても、勝手に持ち出すわけにもいかず、トマト温室に、生産者がいないか、探してみました。どうにも見つかりません。今日のところは、場所の確認で終わります。

水耕栽培トマト

水耕栽培トマト

水耕栽培トマト

今日のグルメ日帰りツアーは、ハズレが続いています。

水耕栽培トマト

水耕栽培トマト

先日の、真庭市のトマト農園で、新鮮なトマトを分けてもらえなかったので、今日こそはと、意気込んで来て、またはずれです。

水耕栽培トマト

水耕栽培トマト

次の訪問先は、予定外の訪問先です。

水耕栽培トマト

道なりに神戸方面に戻っていると、途中から道に迷い、いつの間にか、昔よく訪れた、三田市の羽束川にある、「こにし観光園」の近くに来ています。

水耕栽培トマト

それなら、寄っていこうと、さっきまでの道なりのドライブが、目的地がはっきりしたドライブに変わります。

水耕栽培トマト

水耕栽培トマト

まだ、こにし観光園は続いているでしょうか?

水耕栽培トマト

何しろ、20年も前のころ、よく利用した、夏には鮎を捕り、炭火で焼いて食べさせてもらった、自然の渓谷を利用した、こにし観光園です。

水耕栽培トマト

水耕栽培トマト

橋を渡って、こにし観光園に入ると、モニターテレビがあるのか、すぐに女性の方が出てきて、用件を尋ねられます。平日の食事は、予約が必要です。

水耕栽培トマト

夏は、今でも鮎料理が食べられるようです。

水耕栽培トマト

水耕栽培トマト

三人の子供をつれて、夏の川遊びをこの羽束川でしました。

水耕栽培トマト

水耕栽培トマト

鮎を、針で引っ掛けて釣り上げる川遊びを、長男に教えました。

水耕栽培トマト

こにし観光園を出て、羽束川に沿って、神戸の方向に戻ります。すぐ近くには、三田市の運営する、野外活動センターがあります。

水耕栽培トマト
2010年10月14日(木)休耕田に植えた、コスモスが、今を盛りに咲き誇っています。この辺りの道を、ひらどつつじ道と呼んでいます。5月には、つつじの花が咲く街道になります。