ご飯は小盛で 酒房「灘」の粕汁定食ならご飯より粕汁でお腹いっぱい

投稿No:8503

ご飯は小盛で、粕汁でお腹いっぱい 酒房 灘にて、粕汁ランチです。

ご飯は小盛で、粕汁は大盛で、

寒くなったので、粕汁を昼食に食べたくなり、奥さんと一緒にさんプラザ地下の、酒房灘へ行きました。

かす汁の旨さのベースになるのは、塩鮭のうまみとコクです。

野菜の具がたっぷりなので、おかずになる汁物です。

こんな、沢山の粕汁なら、ご飯は小盛で、お願いしました。

さんプラザで粕汁なら、酒房 灘

さんプラザ地階の灘は、開業より50年近い、大衆居酒屋店です。

三宮のさんちかと、さんプラザの2店舗があります。

開店当初は、「酒房 灘」オリジナルの1合瓶が当時は珍しく、ちょうどいい量と、注文しやすさが受けて人気店となりました。

店内には灘の地酒がずらりと並び、剣菱、白鶴、白鹿、菊正宗、白鷹など、有名酒造の人気銘柄が注文できます。

酒房灘の名前は、清酒灘五郷をイメージしています。

酒房 灘の粕汁定食は、女性客に人気

最近では、ランチメニューが登場したことで、女性たちにも認知度が高まり、今まで男性中心だった客層の中に、女性客の姿も見られるようになってきました。

お昼に、さんプラザ地階の酒房 灘(なだ)で粕汁定食を頂きました。

おでんもついて、980円です。

寒い季節には粕汁が人気

酒房 灘は、もともとは居酒屋さんですが、お昼はランチ営業もしています。

年配の方でも気軽に飲める、リーズナブルなお店です。

店内は比較的落ち着いた雰囲気で、ゆったりとしたカウンター席と、テーブル席があります。

寒い季節には、粕汁定食とおでんが人気メニューです。

ゆっくり丁寧に煮込んだおでんは、いちおし人気メニューだそうです。

他にも店長おすすめの一品料理などメニュー盛り沢山。

お袋の味を重視しています。

カウンター席には灘の日本酒が並んでいます。

日本酒の酒造屋さんと取引があれば、酒粕も各社の酒かすが入ってきます。

ご飯は小盛で お酒を飲みたいので

お客様の顔色や気分に合わせてお酒や料理を勧めるなど、その嬉しいれしい心遣いにファンも多数のようです。

まるでお母さんのような女将に会いたくて、相談話をするために訪れる人もいるなど、このお店に無くてはならない存在の店長です。

ここに来たら、ご飯よりお酒が優先で、ご飯は小盛です。

さんプラザ地下には長く続くお店は少ない。

我が社は、さんプラザビルができた翌年から、このビルに入居しました。

長く、さんプラザにいると、地下の飲食店が良く変わることを見てきました。

長く続くお店は、少ないのです。

人気店であっても、後継者が居なくて、閉店したお店もあります。

さんプラザの地下南通りで、長く続いているお店と言えば、とんかつ武蔵、たこ焼のたちばな、

パンのカスカード、そばの正家、焼き鳥の鳥光、ぜんざいの亀井堂などの名前が浮かびます。

昔と比べて女性客が増えました

何十年も前は、酒房灘は、名前の通り、お酒中心の居酒屋さんでした。

居酒屋さんのイメージが強くて、常連さんはお酒の好きな、男性客中心でした。

最近は、お酒プラス料理で、女性客が増えています。

我が社の女性社員も、酒房灘を利用する人は、沢山います。

もちろん、お昼尾のランチ定食を利用しています。

粕汁定食のほか、おでん定食、刺身定食、魚定食、唐揚げ定食、まぐろ丼、すき焼き定食、とんかつ定食、カキフライ定食、海鮮づけ丼、天ぷら定食、灘定食などがあります。

隣には丸亀製麺があります。

店内は落ち着いた雰囲気で、お昼どきなので三宮近辺のサラリーマンや、比較的落ち着いた常連さんの方などの客層でした。

お店のスタッフの方は皆さん気さくな方で愛想よく、明るく接客されていました。

アットホームな雰囲気が伝わります。

ご飯は小盛で正解、粕汁でお腹いっぱい

粕汁は思った以上にボリュームがありました。

酒粕の香りが濃く、野菜もたくさん入っていて、かなり満足感があります。

冬にぴったりの、体が温まる美味しい粕汁でした。

酒房灘のライバル

酒房灘には、近隣にたくさんの飲食店があり、それぞれのお店は、ライバル関係にあります。

しかし、飲食店が集まっていると、飲食街が出来て、昨日はあの店、今日はこの店、あすはこちらのお店と、交代して利用していただけるので、お互いは補完関係になっています。

飲食街ではない、ライバルが付近にたくさんできています。

それは、コンビニです。

昼食は、コンビニへ行って、お弁当や、おみぎり、おかずの一品を選んで買って、会社で食べる人が増えています。

コンビニを利用する方が、便利、早い、安い、気兼ねがないなどで、利用客が多いようです。

お昼に、身体が温まる粕汁定食を、お腹いっぱいいただくと、午後は眠たくなりそうです。

粕汁 関連記事 アーカイブ

 

2020年1月8日(水)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください