睡眠時無呼吸症候群SAS の 検査は、夜を徹して行われました。

睡眠時に無呼吸状態がどの程度か、病院のパソコンの中にデータが入っています。社長ブログ神戸/神戸の生活/病気と健康/睡眠時無呼吸症候群の検査

睡眠時無呼吸症候群 の 検査入院

睡眠時無呼吸症候群の疑いがあり、その為の検査入院です。

家の近くの罹り付けクリニックの先生からの紹介です。

病院の入院は、その手続きがいろいろとあります。

入院の手続きに必要なこと

まずは誓約書の提出、緊急連絡先を2名書いて届けを提出します。

これまでの病歴・かかりつけ医の先生の名前、連絡先、服用している

薬の名前などは、直近の情報です。

何枚もの調査書を提出して、いよいよ病室に案内されると、入り口に

はちゃんと、入院者の氏名が掲示されていました。

ちゃんと担当医師まで記載されています。

検査前の測定

病室に入るまでに、身長・体重の測定と、用意されたリストバンドを

手首に巻かれました。

これを巻いていれば、他の人と間違える事を防げるようです。

早速、脈拍と血圧の測定です。

血圧は最高107、最低53で、問題はありませんでした。

睡眠時無呼吸症候群の検査なので、採血やレントゲンなどはありませんでした。

病院食

病院の夕食は、勤務している職員の都合に合わせているので、まだ日

が暮れる前から、夕暮れ時の頃から、配膳が始まります。

もし、入院している患者さんの都合に合わせるとしたら、夕食はもう

少し遅い方が良いのですが、この点は、まだ顧客満足(患者満足)は不十分です。

ご飯は炊きたてでほかほかでした。

普段家で食べるメニューからするとかなり簡素なメニューですが、こ

れでも1850カロリーあるそうです。

睡眠時無呼吸症候群 の 検査は睡眠中

眠たくもないのに、食事が終わるとすぐに睡眠時無呼吸症候群の検査

が始まります。まずは、器具の取り付けからです。

頭の上から足のつま先まで、細いコードで、身体から離れないように

しっかりと取り付けられました。

この後は、写真が撮れる状態ではなくなったので、画像はありません。

寝返りをしても、コードが外れるのが心配で、ぐっすり眠れたかどう

かは解りませんが、一応は、真夜中に看護士さんが時々見回りに来た

時、その気配をなんとなく感じたくらいで、翌朝の6時まで浅く眠っ

たり、深く眠ったりの連続でした。

6時になると、「松葉さん、朝ですよ」という呼び声で目が醒めました。

かなり協力的な睡眠だったようで、これならパソコンには、松葉博雄

の睡眠状態や無呼吸状態があったかどうかが、データとしてしっかり

残っていると思います。

朝ご飯は、20円アップするとパンをご飯にしてもらえるそうなので、

迷わずお願いしました。

朝ご飯を食べて、部屋のシャワーを浴びて、SAS検査の器具を搬出す

る頃、奧さんが病室にやってきてくれました。

出勤の為に、服を着替えて、今回のSAS検査は終了です。これから会

社に出勤します。

まとめ

睡眠時無呼吸症候群 の 検査は、夜を徹して行われました。

睡眠時の状態を調べるので、患者自体が睡眠時の状態になることが、

測定の条件です。検査技師の話では、最近、この検査入院は多いよう

でした。睡眠時無呼吸症であれば、睡眠は浅く、血圧にも影響するの

で、健康管理には欠かせない検査項目でした。

睡眠時無呼吸症候群 関連記事 アーカイブ

201多々た6年3月8日(火)