淡路島の大磯にある、冒険の森で、U君とリッキー君にワイルドな遊びを体験させました。

淡路島の冒険の森では、年齢によっては、やや危険な遊びもあります。全て自己責任で遊んで下さいと、注意書きがありました。 孫たちを連れて淡路島へ 孫たちを連れて淡路島(2)

お待ちかねの冒険の森に、歩いていきます。

冒険の森は、小高い丘の上にあります。農家を利用した、子供達の遊び場です。オープンしているのは、土日祝日のようです。

家の前に、段差のある広場があり、そこに子供が喜びそうな遊戯施設や、遊び場があります。

遊戯施設は、大人が集まって作ったような、手作りの遊戯施設です。

今日は外のお天気が良いので、弓矢を作って、的に向けて弓を射る遊びをしています。

現代の子供達は、室内で丁寧に育てられているので、松葉博雄の幼少の頃とは、遊びのワイルドさが違います。

松葉博雄の小学生の時は、弓の矢の先には、金槌で叩いて鋭くした、五寸釘をくくりつけて、的に向かって矢を射れば、的に刺さって、引き抜くのが大変な威力でした。

この弓やを持って、近くの山にヘビ狩りに行きました。ヘビを見つけて、弓を放って、ヘビに当てるのです。もちろん、ヘビも逃げ足が速く、なかなか動くヘビに、矢は当たりませんでした。

U君とリッキー君が喜んだのは、大きな滑り台と、滑り台の上からマットに向かって飛び降りる、遊びです。

少し年長の子供達は、平気で高い所から、下のマットに向かって飛び降りていますが、U君とリッキー君にはまだ飛び降りは難しかったようです。

1月の淡路島には、黒岩水仙狭に、500万本の水仙の花が咲いている頃です。りんりんを連れて、黒岩水仙狭に行った思い出があります。この冒険の森にも、水仙の花が咲いて、甘い匂いが漂っています。

次の遊びは、貝や竹、木の実などを使って、自分で遊び道具を作る、創造の遊びです。これはまだ、U君にもリッキー君にも、難しいようです。

冒険の森の母屋に入ってみると、子供達を連れてきているお母さんが、寒さを避けて、母屋で暖をとっています。母屋では、お弁当を持って来れば、母屋で頂けます。炉端があって、お餅ならやけそうです。

楽器の好きなU君は、母屋に沢山置いている、楽器を、順番に触れて遊んでいます。

太鼓、ギター、ドラム、笛、壊れたクラリネット、アコーディオンなどが用意されていました。

2014年1月12日(日)