久美浜湾 海岸線は別荘地に適したロケーションです。久美浜訪問記(11)

久美浜湾 海岸線 久美浜から舞鶴を通り、大江山を越えて、鬼そばを食べて、3時間もすれば、神戸に着きました。 久美浜訪問記(11)

久美浜湾 海岸線

久美浜から神戸まで、帰りの復路は、往路と道を変えて帰ります。

しばらく、久美浜湾沿いを走ります。

この場所が、久美浜湾に日本海の海水が出入りする、隘路です。

ほんのわずかの細い水路に、満ち潮と引き潮の潮が、流れます。

車なら、久美浜湾を一周するのは、そんなに時間がかかりません。

どこから見ても久美浜の海が見えて、別荘やマリンレジャーの基地には、最適です。

神戸から近ければ、稲葉家から土地を分けてもらい、ここに別荘を建てたいところですが、実際に別荘を建ててみれば、そんなに別荘は、利用する機会がありません。

一軒家であれば、行くたびに庭の手入れ、家の掃除、着る物の洗濯、近くに食事処が無ければ、炊事と片付けが待っています。

そんな、負担のかかる別荘暮らしは、夢にだけ見ていればいいのです。

理想的なのは、実家があって、お父さんお母さんが家を護ってくれていて、そこに子供達を連れて、お盆や正月の連休に、お世話になりますと、泊めて貰うことです。

しかし、いつまでもお父さんやお母さんが生きている訳ではなく、年をとればむしろ介護の問題が出てきます。

介護は、近くに住んで貰っている方が良いので、遠隔地ではむしろ不便です。

福知山に入る手前の頃、この地方の物産を売っている店がありました。

ちょっと覗いてみます。

サザエが1個100円です。

スイカは1個1000円です。

スイカがよさそうなので、買うことにしました。

ここの店のオーナーは、商売上手でした。

スイカを選んで持って行くと、美味しいスイカの選び方を、アドバイスしてくれ、土産物全部の精算の時には、「こんなに買っていただいてありがとうございます」と、お礼を言ってもらいました。

舞鶴に入りました。ここまで来れば、天橋立はすぐ近くです。

せっかく来たのだから、ちょっと寄っていきたいと思ったりすれば、帰る時間が遅くなります。

途中の山越えの辺りのサービスエリアで、おそばを食べることにしました。

その名も「鬼そば」です。

大江山の酒呑童子の名前にちなんだ、鬼そばです。食べてみれば、ただのおそばでした。

どこのサービスエリアでも、その土地の固有名詞にちなんだネーミング付けをしています。

これがうまくいけば、ブランドになります。

しかし、単純に名前を付けるだけでは、なかなかブランドに育ちません。

他の類似品に比べて、強い優位性が無ければ、ブランドとしては認めてもらえません。

おそばを食べたら、舞鶴道を通って、一気に神戸に戻ります。

久美浜~神戸は、およそ3時間です。

久美浜訪問記 関連記事 アーカイブ

2013年8月8日(木)