ライン川クルーズ:ドイツと言えばライン川です。ドイツ旅行記(22)

ドイツを代表する、ライン川クルーズ:ドイツと言えば、ライン川です。ドイツ旅行記(22)

ドイツを代表するのは、ローレライで有名な、ライン川クルーズです。ドイツに来たら、行ってみたかったのがライン川のクルージングです。

昼食を食べて、いよいよライン川下りです。KDラインのライン川クルーズ船で約3時間のクルーズを楽しみます。

**

リューデスハイムからコブレンツまで下ります。1階の船内には、テーブル席が用意されていてドリンクや軽食を楽しむことができます。

**

ライン川下り乗船券を買って、船に乗ります。

**

瀬戸内海の遊覧船に乗るような、夏の日に白いランチに乗るような、ぎらぎらとした夏の日のクルージングのような暑さはありません。

**

北海道の北のロシアとの国境に近いような、北の緯度なので、空も北国の空のように厚い雲におおわれています。

**

乗船すると、席は早い者勝ちです。早く乗った人が、デッキのいい席を取っています。

船の2階には、子どもが退屈しないように滑り台や遊具があります。大人はデッキに座って、ビールを飲んだりしながらライン川から見える景色を見るようになっています。

**

U君はアヒルのおもちゃで遊んでいます。滑り台にもチャレンジしました。

** **

リューデスハイムの街並みを横に見ながら、リューデスハイムとお別れをしてスタートです。ほとんどのお客さんがデッキに出て、外を見ています。

** **

ライン川の上流は、あのアルプスのあるスイスの水源から北海に向けて流れています。乗船している船は、川の上流に向かって進んでいます。

** **

さほど、川幅のないライン川は、右手にも左手にも、すぐに岸が見えて、岸は小さな港があったり、葡萄畑が続いて、全体としては、ゆるやかな丘が続いています。

ライン川が丘を削って、流れていたと思ってみても、両岸には、日本の国土交通省がするような、護岸工事がなされていません。

**

コンクリートブロックを積み上げたり、コンクリートで緑地を固めている様子はありません。両岸には、昔も今も変わっていないような緑地が続いています。

**

デッキの万国旗は、この船に乗る観光客の国籍に合わせて、満艦飾に施されています。ちなみに、日の丸があるか探してみると、ちゃんとありました。

** **

小さな港に、1つ1つ寄港すると、その都度新しい乗船者が乗り込んで来ます。

** **

夏休みなのか、子ども達の姿も多く、子ども達はじっとしていなくて、船の中を走り回っています。

船から見えるお城は、ヨーロッパの歴史の本や絵に描かれているような、昔のままの古城です。ライン川全体に、景観が守られて、昔を今に伝える、息をのむような、ため息のでるような素晴らしい景色でした。

**

松葉博雄は、初めて見る大きなお城に感動してたくさん写真を撮りました。

**

途中、にわか雨が降り出し、デッキにいた観光客は、一斉に船室に移動しました。これまで一番良かった席も、今なら選び放題です。もう一度、いい席はリセットされました。

**

ライン川は、時々急なカーブをしています。川が曲がると、曲がった先には、また新しい歴史的な光景が広がっています。

船から見る、ライン川と古城は、別のページで編集しています。

** **

ライン川下りを終えて、バスに乗って駐車場へ向かい、駐車場から車に乗って、U君のアパートへ戻ってきました。車に乗ってすぐ、松葉博雄は疲れて助手席で居眠りをしてしまいました。

アパートに着くと、奥さんはすぐに夕食の支度を手伝っています。今日は、稲庭うどんです。うどんを茹でて、そうめん出汁を作り、錦糸卵、胡麻、ネギ、のり、しょうがで薬味を作っています。

**

U君は、うどんや素麺がとてもお気に入りで、自分でフォークを持って食べ始めました。みんなで拍手して褒めるとまた一生懸命食べています。

うどんや素麺の事を、U君は、「つるつる」と表現しています。なるほど、うまい表現です。つるつるっと飲み込んで、食べやすいから、稲庭うどんもつるつるです。

** **

松葉博雄は、あまり食欲がないので少し味見をしました。白菜の浅漬けは、とてもよく漬かっていて、娘とKちゃんは大喜びです。作り方を伝授しているので、トライしてみると言っていました。

**

白夜は10時頃になってようやく夕暮れです。ホテルに戻ってそろそろ休みます。ヴィーナスホテルのフロントはしまっていて、裏口からカードキーで入ります。

**

ドイツの22時は、日本では朝5時くらいです。もう眠たくて仕方ありません。お風呂に入ってすぐに休みました。