勝ち組農協として知られる JA兵庫六甲が 「JA赤字危険度ランキング2021」週刊ダイヤモンドでは、赤字に! JA兵庫六甲 農協市場館「六甲のめぐみ」に行ってみると  

投稿No:8934

JA赤字危険度ランキング2021」週刊ダイヤモンド 勝ち組農協として知られる JA兵庫六甲が赤字に  JA兵庫六甲 農協市場館「六甲のめぐみ」に行ってみると   JA兵庫六甲 農協市場館「六甲のめぐみ」の店舗は大賑わい    

JAの直販所は大好き

ドライブの途中、神戸市西区の「六甲のめぐみ」に寄ってみました。

これまでも、JA兵庫六甲の直売所があれば、

立ち寄って、食品を買っています。

生産者が誰か分かる、新鮮な食品が、安く買えるのが魅力です。

 農協市場館 六甲のめぐみは、全国最大級の直売所だそうです。

神戸市内で生産された安心、安全な農産物の直売所です。

JA兵庫六甲の概要

JA兵庫六甲の店舗は、沢山あって、事業規模の大きい組合です。

名 称 : 兵庫六甲農業協同組合 代表理事組合長 : 木下 祝一

所在地(本店) : 神戸市北区有野中町2丁目12-13

総 資 産 : 15,946億円  自 己 資 本 額 : 766億円
(うち出資金) : 57億円

組 合 員 数 : 正組合員 30,923人 : 准組合員 95,380人
      : 合計 126,303人

役 員 数 : 49名

職 員 数 : 1,250人 (令和2年9月末現在)

規模の大きいい組合ですが、JA兵庫六甲にも、問題があるようです。

JA兵庫六甲 農協市場館「六甲のめぐみ」店舗情報

〒651-2204
神戸市西区押部谷町高和字性海寺山1557-1

営業時間:9:30~17:00(7~8月は9:00~17:00)

営業時間:9:00~16:00

(※新型コロナウイルス感染症の予防策として、

現在短縮営業を行っております。)

定休日:年末年始・2月施設点検時

TEL:078-997-9955

JAの苦悩 マイナス金利で大幅減益

現下のマイナス金利政策によって、

JAの信用事業(銀行業務)は大幅減益しています。

農協の信用事業(いわゆるJAバンク)を優先するより

本業の農業生産への支援強化を優先するべきであると

政府・行政側から問題提起がありました。

農協側でも検討が進められましたが、

検討の結果、現時点では現状の事業体制のままになっています。

出典 大和総研グループ JAバンク再編の布石

JA赤字危険度ランキング 2021 「消える農協」はどこだ?

週刊ダイヤモンド誌が、全国504農協の、

赤字危険度ランキングを発表しました。

全国504農協「JA赤字危険度ランキング2021」

JAの健全な持続的な収益をを決める鍵は、

本業の農業事業で稼ぐ力を蓄えることです。

マイナス金利政策などの影響で、

金融事業の収益は大幅に悪化しています。

本業をおろそかにして、

金融事業に依存してきた個別JAの将来は、

吸収合併などで消えてしまうことになりそうです。

資料 ダイヤモンド

JA 赤字危険度ランキング に兵庫県のJAが

ダイアモンドの、JA赤字危険度ランキングには、

兵庫県でおなじみのJAがいくつか、

上位にランキングされていました。

配信

JA 赤字危険度組合が増えた原因

JA兵庫六甲がJA赤字危険度ランキングの

第7位に表示されていたので、驚きました。

評価方法は、2点あります。

 一つ目は、信用事業の減益想定額の算出方法を見直しです。

農協が貯金を集めるインセンティブとして

農中から得ていた奨励金が削減されています。

奨励金の利率の低下分を、

利率の対象となる額(農協が集めた貯金の半分)に

乗じることで減益想定額を求めています。

二つ目は、近年の農協の決算で、

共済事業の収益が急速に悪化しています。

これを踏まえ、試算で使う粗利の減少率を調整しています。

 その結果、調査対象であるJA504組合のうち、

96のJAが、2022年度以降に赤字に転落することが判明しました。

(1)農協が農中から得ていた奨励金、
 
(2)共済契約の獲得に対しJA共済連から支払われていた付加収入――
 
この2つの収益の柱がいずれも大きく減るのです。

DIAMOND

JA兵庫六甲(赤字危険度ランキングのワースト7位)

 
農業界では優良地盤を持つ勝ち組農協として知られる
 
JA兵庫六甲(赤字危険度ランキングのワースト7位)が、
 
金融事業の減益により
 
3億1300万円の赤字に転落する試算結果となりました。
 
金融事業の減益は、
 
勝ち組を負け組へ転落させるほどのインパクトがあるのです。
 

JA兵庫六甲 農協市場館「六甲のめぐみ」へ行ってみると

解放感のある広々とした店内をゆっくり巡ると

新鮮な野菜や季節のフルーツ、

生産者こだわりの加工品やワイン、酒、肉など

たくさんのおいしいものに出会えます。

屋外のスペースでは色とりどりの花や植木が

気持ちまで明るくしてくれます。

出典:六甲のめぐみHPより

農協市場館「六甲のめぐみ」JA兵庫六甲 品揃えが豊富

店舗の外では、植木、花、野菜の苗が並んでいます。

季節の家庭菜園には、欲しい苗がいくつも陳列されていました。

趣味の園芸として、盆栽や植木もありました。

花は、専用の花売り場があります

花の売り場が充実していました。

別棟に、沢山の春の花が売られていました。

今の季節は、フリージアの花が魅力です。

小米桜、雪柳の花が沢山用意されています。

梅が終わり、桜を迎える、その間の花です。

花を買って、花を生けるのは、気持ちと財布に余裕があることです。

この地区には、ある程度裕福な層の人が多いと思います。

そろそろ、お彼岸が近いので、お彼岸用の花も用意されていました。

 

農協市場館「六甲のめぐみ」JA兵庫六甲での購入品

六甲のめぐみで買ったものを、点検すると

この市域は、いちごの産地なので、栄イチゴを買いました。

沢庵が美味しそうなので、甘口の沢庵を選びました。

甘酢大根漬けです。

須磨の海苔が有名なので、

巻き海苔用の海苔10枚入り600円を買いました。

魚売り場では、大きくて、脂の乗った、

えてガレイが400円で安いので買いました。

JA兵庫六甲の六甲のめぐみ店は、品ぞろえも良く

何度も利用したいお店でした。

JAは、本業の農産物に力を入れて欲しいと、改めて思いました。

JA 関連記事 アーカイブ

2021年3月17日(水)