社長の時間 時間節約のため 昼食は社員の話を聞きながら 春が過ぎて、夏が来たような冷たいそうめんを昼食に頂きました。

投稿No:8249

さんプラザコンタクトレンズHP

社長の時間 お昼は時間節約して、コンビニ弁当です。コンビニのそうめんは大変良く工夫されていて、その保存方法に感心しました。

社長の就業時間は不規則

社長の就業時間は不規則です。社員から相談事があれば、昼食時間を繰り下げて、社員と面談しながらでも昼食をいただくこともあります。

相談事、報告などは予期しないとき、突然起きることが普通です。

平成の時代が終わり、令和の時代になりました。

季節は寒い冬から、温かい春へ、そして夏の始まりになってきました。

時代が変わっても、季節が変わっても、相談事は想定外の形で起きるのです。

社長の時間節約

今日の私の昼食は、突然の報告と相談が舞い込んできたので、外に出て食べる暇もありません。

なので、コンビニで買ってきてもらったそうめんと、バナナ、トマトです。

これなら、社員と面談ををしながら仕事の合間に空いた時間に食べる事ができます。

外部のお客様であれば、面談しながらコンビニ弁当はいただけませんが、昼食を済ませた社員との面談なら、面談中に弁当を採らせていただきました。

これも、社長の時間節約方法なのです。

そうめんを果物と一緒に並べてみると、これでカロリーは足りるのかなぁ?と、少し心配です。

工夫がいっぱいの コンビニ冷やしそうめん

報告・相談を聞きながら食べているそうめんは、ビニールパックに入っていました。

上から順に蓋を開けていくと、実にコンパクトに出来ていて開発のアイデアがいっぱい感じます。

相談を聞き流しているのではありませんが、コンビニの工夫にも気が回ります。

一番上の段には、そばのつゆと、胡麻がそれぞれ別々の袋に密封されています。

そうめんつゆもよく冷えていました。

中心のそうめんは、これも袋に密封され、別の食材と隔離されています。

そうめんを袋から開けて取り出し、一番底に置きます。

その上から、そうめんつゆを流しこみます。

具材はこれもまた別に段重ねになっていました。

海老はちゃんと殻が剥かれています。

風味を出すために、ミョウガが細切りされていました。

これらを全部、一度にそうめんに投入するのでなく、少しずつ箸でつまんで、そうめんに混ぜて行きました。もう、初夏を感じます。

バナナにはシュガースポットが表面に出ていて、食べてみると、甘さが充分でした。

トマトは完熟トマトです。

社長の時間は考えることばかり

今日の昼食は、社員と報告事項を面談しながら、食べさせて頂きました。

食事をしながら、人の話を聞くのは失礼なのですが、こういう方法しか時間がとれなかったのです。

社長の時間は、考えることがいっぱいの時間です。

社内の問題、顧客との問題、外部との問題がつづきます。

内容は、社員との問題、顧客創造・育成・維持に関する問題、外部取引先とのマーケティングに関する問題が続きます。

2019年4月30日(火)

会社の出来事 アーカイブ

コメントを残す