いかなごの釘煮は、隠し味にレモンの皮のみじん切りで味の差別化をしていました

いかなごの釘煮は、隠し味にレモンの皮のみじん切りで味の差別化をしていました。

いかなごの釘煮は毎年春になると、明石を中心とした家庭のお母さんたちは、いかなごの釘煮をお家で作ります。

いかなごの釘煮

それぞれお家お家で、微妙に味の違いがあります。

いかなごの釘煮

今日は、松葉博雄は、会社の従業員の方から、いかなごの釘煮を頂きました。

いかなごの釘煮

2つの味があります。ひとつは、一般的な山椒入りの釘煮です。

もう一つは、レモンの皮入りの釘煮です。レモンの皮は、かなり小さく切って、どこにあるのか、一目見たときには分かりません。

/

箸で摘んで、お皿に移し、味わってみると、ほのかにレモンの香りがしました。なかなか優れたアイディアです。

果物のいろいろな味を小さくみじん切りにして、釘煮に一緒に調味料に隠し味で使えば、今までにない差別化したいかなごの釘煮が出来るようになります。

いかなごの釘煮

味の違いは、隠し味にあると言われます。何を隠しているのか、頂いた容器の上に、記載があったので、分かりました。

いかなごの釘煮

頂いたいかなごは、ビールと一緒に、お茶漬けと一緒に、美味しく頂きました。ありがとうございました。


2009年4月1日(水)