月桃(ゲットウ)を室内の坪庭とアルミ温室で育てています。

月桃の花は沖縄の野外よりも早く、4月中旬から咲き始めています。

月桃(ゲットウ)の花

沖縄に行けば、月桃(ゲットウ)という、ハランの様な大きな葉が広がる植物が各地で見られます。

月桃はショウガ科ハナミョウガ属(アルピニア属)の多年草の植物です。

沖縄では普通に野山で見られる月桃も、神戸では野外では見ることはありません。

沖縄本島を中心に奄美大島、鹿児島県佐多岬を北限に広く分布しています。

つまり、亜熱帯や温帯地方に育つ植物です。

沖縄では月桃は生活の中にも使われている植物です。

化粧水から、虫除け、防カビなど、幅広い方法で昔から親しまれてきました。

沖縄では、「サンニン」とも呼ばれるそうです。

月桃の育て方

月桃は、ハイビスカスと同じように、水と太陽と暑さが大好きです。

水切れに弱く比較的水を好む植物です。

月桃の水やりは、生育期の春から秋には土の表面が乾く前に与えます。

朝の最低気温が15度以下になる秋からは徐々に水を吸わなくなるので、水やり回数を減らして行きます。

月桃が月夜の明かりに、ひっそりとたたずむ姿が美しいのです。

月桃の美しさに魅了され、私は沖縄から月桃の苗を神戸に持ち帰りました。

神戸の野外では月桃は育たないので、淡路島岩屋の温室に植えて、温室で育てています。

温室だけでなく、室内の中庭にも月桃を植えました。

沖縄では月桃の花は5月から6月にかけて、野外で咲いています。

月桃の花は、スズランのように、一つの花房に、たくさん繋がるように咲いています。

沖縄では野山に自生していますが、民家の庭先でもよく見かけます。

月桃の効果

月桃の葉は、沖縄の生活の中に溶け込んでいます。

葉は、お餅を包んで、柏餅のようにして使います。

薬草や、お茶などにも使われます。

l赤ワインの34倍ものポリフェノールが含まれているので、その抗酸化作用も注目されていて、健康茶としても売られています。

お風呂に入れると、月桃の湯になります。

ポリフェノールは、主に動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞に効果があり、過剰な活性酸素の働きを抑制する効果があるそうです。

月桃の葉から取った油が甘い香を放つので、アロマオイルや香料としても使われます。

優れた成分が含まれているので、石けん、化粧水、健康食品、ハーブティー等々広く活用されています。

月桃の生の葉っぱは虫除けにもなるので、置くだけで防虫効果があり、

ゴキブリ、ダニが近づかなくなったり、生ゴミの近くに置くと、子バエの発生も減るそうです。

様々な効果があり、とても万能な植物です。

月桃を天窓の下の庭に植えると、どんどん生長してきました。

人の背丈より高くなり、天窓の光に向かって、上へ上へと伸びていきます。

家の中だと風がないので、月桃の茎は、曲がることなくまっすぐに上に向かって伸びます。

温室と家の中では、月桃の花は、沖縄の野外よりも、早く花が咲き始めました。

沖縄の野外なら、5月から6月が開花時期ですが、温室と家の中では、

4月の中旬から月桃の花は咲き始め、5月になっても、次々と花芽が出て、開花しています。

ハイビスカスと違って、月桃の花は開花期間が長いので、鑑賞する期間が長くなります。

 

月桃の名称の由来は、花の房が三日月状で、花の粒が桃のように見えること・・・という説がありますが、

由来の文献などはなく、観光向けに作られたお話のようで、定かではありません。

天窓の下の坪庭には、月桃とバナナを植えました。

バナナも太陽の光が好きなので、天窓の方に向かって、上へ上へと伸びています。

バナナと月桃は、高く伸びた方が太陽の光を葉っぱに吸収できるので、まるで競り合うように伸びています。

これも、バナナと月桃の生存競争のようです。

5月が終わり、6月・7月と真夏のような気温になってくると、温室も家の中の坪庭も、35度から40度近くまで温度が上昇します。

しかし、バナナと月桃には、熱中症は起きません。

自動散水で、毎日一定の散水をしておけば、元気な緑の葉を見せてくれます。

2018年4月14日()