ぼっけえの おーがっそうじゃ おえまぁがー いんどかれ。

岡山弁では、びっくりしたとき、「ぼっけぇの」と言います。良くないときは、「おえまぁがー」といいます。

孫のUくんに、テレビでやっていた岡山弁の話をしました。

「秘密のケンミンショー」では、地方の方言を、その地域の人に理解されても、他の地域の人にはその意味が通じるかどうかを取り上げています。

春休みでUくんが会社にやってきたので、一緒に丸萬のラーメンを食べに行きました。

Uくんに、『ぼっけぇの!おーがっそうじゃ、おえまーがー いんどかれ』の意味を伝えます。

岡山弁の「ぼっけぇの」とは、「すごいなぁ」といった感嘆詞です。

「おーがっそうじゃ」とは、髪が乱れているという意味です。

「おえまぁが」は、「良くないですよ」という意味です。

「いんどかれ」は、インドのインドカレーではありません。

帰る事を岡山弁では、「いぬる」と言います。

「帰りなさい」なら、「いになさい」です。

そこに、語尾が命令形になると、「いんどかれ」になります。

つまり、全体を通しての意味は、あなたの髪は大変乱れている、これではよくないので、お家に帰って直した方がいいですよと言った意味です。

これを、ぼっけぇのおーがっそうじゃ、おえまーがーいんどかれ。

と通して言われると、さっぱり分かりませんでした。

最後のいんどかれは、インドのカレーライスかと思いました。

Uくんは、丸萬のラーメンが大好きで、私のケンミンショーで聞いた岡山弁の話に耳を傾けながらラーメンを食べています。

私が注文したのは、ラーメンと焼き飯のセットです。

焼き飯は、Uくんにもおすそ分けしました。

もうしばらくすると春休みは終わりです。

Uくんが、一人で電車に乗って、会社に歩いてこれるようになると、もっと頻繁においでねと、誘いの言葉をかけました。

Uくんは今日の丸萬の料理が多すぎて、食べきれないようです。

残してはいけません。この場合たくさん残っている料理を持って帰るようにUくんに勧める言葉を、岡山弁を応用すると、

『ぼっけぇのこっとるのぉ、おえまぁがー、料理はおーがっそうじゃ、もっていんどかれー。』

となります。

実際の所、時間をかけてゆっくり丸萬の料理を食べたので、持って帰らなければいけないほどは残っていませんでした。

Uくんは次回、鶏の唐揚げが食べたいようです。

これから食べ盛りになりそうなので、三宮にこれるようになったら、食べたいものを聞いて、連れて行ってあげます。

2018年4月3日(火)