メニコン・ビジネス・アシスタント(MBA)の小栗充事業本部長が来られました。

MBAといえば、Master of Business Administrationの略ですが、メニコンの場合は、メニコンビジネスアシスタントの略です。

MBAと言えば、一般的には経営学修士の意味です。

メニコンでは、メニコン・ビジネス・アシスタントの頭文字を取って、MBAの会社を作っています。

MBAの社長は、樽本尚之さんです。

今日来られているのは、事業本部部長の小栗充さんです。

小栗充さんは、メニコンの山本覚課長と一緒に来られました。

メニコンの作ったMBAは、メニコンの取引先にもビジネスの支援をしてくれるそうなので、どんな協力関係を築く事ができるか、話し合いました。

色々相談をすると、幅広い支援が可能なようです。

小栗充部長は、元々メニコンの出身かと思っていたら、元銀行員の方でした。

出身は、中京地区の銀行である十六銀行です。

十六銀行の名前を聞いたとき、私が質屋さんですねと言うと、山本覚さんには理解出来なかったようなので、私から説明をしました。

昔、質屋さんの事を、七屋さんと言いました。

一六銀行は、一と六を足せば、七になるので七屋さんです。

七屋さんは、読み方を変えると、質屋さんになります。

このように、一六銀行の事を質屋さんと呼んでいた時代があったのです。

この話で、初対面で小栗充さんとの緊張感が解けました。

MBAについてお話を伺うと、かなり手広くビジネスを広げているようでした。

親会社が上場会社のメニコンなので、社会的信用があります。

メニコン自体も、各地に工場や営業所、事業所などがあるので、それらのビジネス支援もMBAの活躍分野に入ってます。

MBAの社長は、樽本尚之さんです。

樽本尚之さんは、メニコンの出身で、神戸営業所に勤務した経験もあるそうです。

我が社のように、小規模な事業所では、あれもこれも自社でするのは難しい面がありますが、メニコンの子会社であるMBAの力を借りると、有る部分については、協力して貰えることが分かりました。

2017年12月6日(水)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です