函館吉田眼科病院の長池陽子先生と、吉田雪子さんがメルスの視察に来られました。

メニコン札幌営業所の中島知之所長は、函館吉田病院の長池陽子先生と、吉田雪子さんに同行して、お二人を我が社まで案内して来られました。

函館の吉田眼科病院から、メルスの勉強のために神戸の我が社に長池陽子先生と、吉田雪子さんが来られました。

函館は以前にはこだて未来大学での講演の為に、私は2003年3月に訪問したことがあります。

一度でも函館に行けば、函館の良さが理解出来ます。

函館の吉田眼科では、メルスプランに取り組んでいますが、今以上にメルスプランに力を入れるため、目下勉強中だそうです。

我が社を視察先として選んだのは、札幌営業所所長の中島知之さんが、大阪営業所勤務の時に我が社の担当だったからです。

メルスのことなら松葉さんにと、中島知之さんが吉田眼科の皆さんに、さんプラザコンタクトレンズの視察を提案されたそうです。

ご一緒に来られたのは、吉田眼科の吉田雪子さんと、メニコン札幌営業所の井澤啓実さんです。

知りたい事はなんでしょうか?

知りたい事は

①メルスの経営的メリットについて

②従業員評価と動機付けの方法について

③メルスをやって良かったこと・苦労したこと

この3点に焦点を絞ってお話をしました。

メルスプランの仕組みは、とても良く出来ていますが、説明するとなるととても一言では言い尽くせません。

メルスプランは、安全哲学とも言える信念が伝わるかどうかです。

使い捨てレンズを販売する時のように、商品の特長や、価格だけでは説明できません。

メルスプランのサービスについて、お客様に分かりやすく説明することが肝要です。

大阪営業所からも、山本覚さんと、川島智さんが同行されています。

従業員に対しても、メルスプランの仕組みの良さが理解出来なければ、お客様にメルスプランの説明が十分に出来ません。

2000年からメルスプランを始めて今日まで、実際に体験して良かったこと、苦労したことなどもお話ししました。

お客様に直接接するのは現場従業員なので、現場従業員がメルスプランの仕組みについて、心から優れていると信じて、安全性を中心に説明をしなければ、定額会員制のメルスプランには、入会していただけません。

そこで、従業員への教育訓練、評価と報酬、動機付けなどが重要な成功要因になってきます。

メニコンがメルスプランを2000年から始めたときにも、田中英成社長が従業員に向かって熱く語らなければ、従業員の皆さんはそうだとは思ってくれていませんでした。

さらに、 メルス会員の方から、入会して良かったという沢山の信頼が得られて、それでメルスプランを勧める自信もついています。

まずは、経営者自らがリーダーシップをとって、社内での取り組みを強く進めることが成功の鍵です。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です