松葉眼科と、さんプラザコンタクトレンズには、GWの連休がなくて、辛い思いをしています。

幼い頃に、家庭菜園を体験していれば、情操教育になるかなぁと思い、U君とMちゃんに茄子の苗を植える体験をしてもらいました。

今年もやってきました、ゴールデンウィークです。

しかし、松葉眼科とさんプラザコンタクトレンズには、ゴールデンウィークがありません。

社員の皆さんには申し訳ないと思いますが、私達を頼っている人達の為に、連休中もオープンです。

連続した休暇は難しいのですが、交代休で飛び飛びの休みで休養をとっています。

孫のU君と、Mちゃんのお相手で、私と奧さんは張り切っています。

奧さんは山菜料理に腕を振るって、筍、蕨、蕗などを味付けして、子ども達にちょっとでも沢山食べてもらおうと、長い時間かけて料理ができました。

幼い子ども達にとってみると、山菜料理はあまり人気がありません。

山菜料理が美味しいなぁとか、季節を感じて良いなぁと思うようになるには、もう少し年がかかります。

頂いた筑前炊きのほうが人気が良くて、筑前炊きは、U君も好きなようです。

U君に謎かけです。

蓮根の一番美味しいところはどこでしょう?

U君は考えても分かりません。

答えは、蓮根の穴だと教えると、喜んで笑っていました。

ちくわもそうです。ちくわの一番美味しいところは、ちくわの穴です。

幼い時の情操教育の一環として、家庭菜園を体験してもらいました。

予め買っておいた茄子の苗を、U君とMちゃんに植えてもらいます。

まず、土を耕して、畝を作ります。

畝の意味は、茄子の根っこが張りやすいように、土を柔らかくして盛り上げておくことです。

先日U君は、小学校でも植物を植える学習があったようで、土を盛り上げて作る畝を体験したようです。

畝を作ると、野菜に優しい土と、牛糞を一緒に混ぜて、茄子の成長を助けるために、土作りです。

畝を高くして、高い所を掘り下げて、茄子の苗を植えました。

最初は私が見本を示して、その次はU君とMちゃんが真似をします。

茄子の苗を定植すると、水やりです。

これにはMちゃんが強く興味を持って、自分が水やりをしたがっています。

U君も、水やりがしたくて、Mちゃんからなんとかホースを交代してもらおうと頼んでも、Mちゃんはホースの手を離しません。

茄子は、水で育てると言うくらい、茄子の成長には水が必要です。

茄子の枝だけでなく、畝の周りにも沢山水をまいて、土に水を含ませました。

そろそろ絹さやえんどうの収穫期が終わります。

U君とMちゃんは、やわらかいえんどうのさやを採集して、ママに渡しています。

U君とMちゃんのママは、連休中ずっと子ども達の側にいてあげたいと思っていても、松葉眼科の勤務があるので、ほんの一時のお休みしか一緒にとれませんでした。

2017年5月4日(木)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です