鹿児島の指宿温泉は、修学旅行以来です。宿は白水館です。

指宿(いぶすき)温泉といえば、砂風呂です。白水館の砂風呂は、海岸ではなく地下にありました。鹿児島ツアー(3) 社長ブログ鹿児島/指宿温泉/白水館/砂むし温泉

桜島が見える仙巌園(せんがんえん)を後にして、指宿温泉に向かいます。

そのつもりでしたが、カーナビには、鹿児島市の繁華街にある有名なラーメン屋とろラーメンに行き先がセットされたままで、それを知らずに私はカーナビの案内する方向に進んでいます。

その時、震度5の地震が鹿児島県に起きたようです。

すぐに、息子から携帯電話に安否確認の連絡が来ました。

現場にいるのに、地震のことはまるで感じていませんでした。

その後、他の方からも、地震見舞いの電話がありましたが、何と答えてよいのやら、全く振動を感じていません。

カーナビをセットし直して、今度は指宿(いぶすき)温泉の白水館を目的地にしました。

途中、国道を走っていると、旅の駅「魔猿城」が見えました。

寄ってみたいと思いながら、早く指宿温泉に着いた方が、明るいうちに砂蒸し温泉に入れると判断し、パスしました。

地元の美味しいものがあれば、買いたい気持ちがいっぱいです。

そこで、道の駅が頼りになります。

大きな看板があって、目についたのは道の駅「喜入」です。

喜入町の道の駅には、温泉が付いています。

天然温泉なのに、入浴料は大人390円です。

鹿児島に住んでいる70歳以上なら100円と、とても安いです。

喜入で特産物をいろいろ買っていると4000円以上になったので、おまけをくれました。

皆さんとても親切です。

泳いで帰りたいところですが、これから指宿に向かいます。

指宿市に入ると、すぐに道の駅がありました。ここも寄ってみます。

先ほど寄った道の駅とほぼ同じ物が売っていて、主に枕崎で作る、鰹の製品がたくさんあります。

この辺りは安納芋が有名で、それの加工品もたくさんあります。

冷蔵品や冷凍品はクール宅急便になるので買えません。

指宿白水館に到着出来たのは6時前です。

まだ日が明るい内に到着出来て良かったです。

玄関に車を寄せて荷物を降ろしているときに、レンタカーの誤作動をしてしまい、突然車が発進したことには驚きました。

普段と違う車なので、パーキングをする前に、宿の人がドアを開けて荷物を取り出し、OKが出たと思い、慌ててアクセルを踏んだのかもしれません。

もし誰か前にいたら、大事故になったり、人身事故になっていたかもしれません。

ひやっとした恐ろしい思い出になりました。しかし、何もなくて良かったです。

チェックインを済ませて、案内をされた部屋は、4階でした。

ベッドルームと居間、お座敷が一緒になってとても広い部屋でした。

窓からは指宿の海と、5万坪あると言われる、白水館の庭が見れます。

ホテルには、付随する建物がたくさんあって、庭園も広く、もっと早くここに着けばよかったという後悔が残ります。

部屋に着いたらすぐに砂むし温泉(砂風呂)にいきました。

砂風呂は有料です。

浴衣を借りて砂風呂に入るので、1080円の別料金が要ります。

指宿の天然砂むし温泉は世界的にも珍しいお風呂だそうです。
温かい砂の上に寝転ぶと、次第に身体が芯から温まり、砂の重さと温泉の効果で、体中の老廃物の排出や炎症性・発痛性物質が大量の汗とともに流れ出てきます。

神経痛・リウマチ・腰痛・関節痛・冷え性など様々な効果が期待出来ます。

15分ほど入ると、全身に汗が滲むほどのあたたかさを感じました。

地下室にあるお風呂なので、海が見えるような景色ではありません。

じめっとした部屋です。

砂風呂は体の上に砂をかけるので、重みを感じます。

10~15分して下さいと言われました。

15分入ると、全身に汗が滲むほどのあたたかさを感じました。

7時から夕食です。夕食は別の部屋で頂く事になります。

沢山の人が大広間のところで仕切りをした場所で食べていきます。

もちろん、お値段によってお料理が違うと思います。

私の場合は、メインディッシュは黒毛和牛のしゃぶしゃぶでした。

小さなマグロの中トロが二切れ有りました。

奥さんは、しゃぶしゃぶ肉を4枚のうち、一枚しか食べられなくて、三枚はもったいないと言いながら残していました。

気になるのは、この残したお肉は、どうなるのかです。

捨てるのでしょうか?誰かが食べるのでしょうか?

もし、もう一度お客様に使いまわしをすれば、昔あった吉兆事件になります。

お腹いっぱいになるまで食べて、一旦部屋に戻ります。

食事のあと、庭園を散歩しました。

旅館の中はクーラーがきいて寒いくらいですが、外に出ると暖かい風が吹いています。

クーラーは苦手なので外の方が居心地が良かったです。

薩摩伝承館(さつまでんしょうかん)に行ってみましたが、締め切り時間が過ぎていたので見る事が出来ませんでした。

もっと早く来ていれば見る事が出来ました。

宿に泊まっている人は1500円が1000円で見学できます。

庭を散歩してみると、さっきの台風でこの辺りは台風が直撃したので、松の枝が沢山折れていました。

木も少し変色しているような感じです。

ライトアップされているので、夜でも松が綺麗に見えました。

部屋に戻って一服して、ニュースを見て、もう一度お風呂に入って寝ることにしました。

こちらの方は、庭が見えて温泉らしい温泉でした。

ここの温泉はちょっとしょっぱい塩分が、舐めると伝わって来ます。