沖縄のカサラティーダのお店にある花のトンネルを目指して、温室でガーデニングは進んでいます。

アリアケカズラ、ブーゲンビリア、ヒスイカズラ、プルメリア、パパイヤ、バナナ、ゲットウは、温室で成長が続いています。 温室でガーデニング(7) 社長ブログ/温室づくり/ガーデニング

温室でガーデニングをしていると、8月の真夏には、温度は37度まで上昇しています。

ガーデニングに夢中になっていると、熱中症に倒れることがあるそうです。

沖縄から神戸に持ち帰った、アケボノカズラは、沖縄で見た美しい花を温室でも咲かせてくれています。

花は誰のために咲くのか、それは、子孫を残すために、受粉を助けてくれる虫たちのために咲いているのです。

沖縄のメイクマンで買ってきたサマーブーケは、蔓がどんどん伸びてきています。

花の色や形は、サマーブーケと、アリアケカズラは、そっくりです。

内地も7月8月になれば、沖縄の暑さに負けない気温上昇が起きています。

こうなると、沖縄から持ち帰った、バナナ、パパイヤ、月桃などはどんどん成長をしています。

へゴヤシは、地植えにしようか鉢植えのままでいいのか迷った末、鉢植えにして、鉢を大きめの鉢に植え替えています。

このヘゴヤシが温室の天井にまで届くように成長すれば、温室の雰囲気は太古の昔、まるでジュラシックパークの恐竜たちが出没しそうな雰囲気に変わってくるはずです。

鉢植えしたパパイヤからは、花が咲いて、これが受粉すれば、この温室で初めてのパパイヤが収穫できそうです。

地植えしたブーゲンビリアは、そばにあるアーチ型のアルミ支柱に向かって、枝をどんどん伸ばしてきています。

アルミ支柱を使ってトンネルを作り、トンネルには、恩納村で使っている、モズクを養殖するための網を張っています。

この網に、カズラや、ブーゲンビリアが伸びてくれば、アルミのトンネルは、写真にある、地中海料理のお店カサラ・ラ・ティーダの花のトンネルを目指すことが出来ます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です