招き猫のいる淡路岩屋のお好み焼き屋さんで、ホルモン焼うどんをいただきました。

ホルモン焼うどんといえば、津山市、兵庫県佐用町ですが、淡路島岩屋の街にも、ホルモン焼うどんがありました。 社長ブログ淡路/お好み焼き

夕方、食べ物屋さんを求めて、淡路市の岩屋の町を歩いています。

ふと見れば、岩屋港の近くの角に黒猫が招き猫の代わりに座って、お店の営業中の看板と並んで、お客さんが来るのを待っています。

なかなか忠義な猫がいるもので、思わずこの猫に招かれて、このお好み焼き屋さんに入ってみたくなりました。

中に入ると、先客が2人いました。

鉄板の前に座ろうか、それともテーブル席に座ろうか考えていると、ご主人がどうぞとテーブル席のほうを指さしてくれました。

二人の先客は、私と奧さんが見慣れない顔なので、この人誰だろうか?というような気配で私たちを目で追っています。

席に着くと、一にも二にも、冷たい生ビールを注文して、早く来るのを待ってます。

ビールのお通しは、しらすなのかちりめんなのか、どちらともとれそうな、しらす風ちりめんじゃこです。

ここで、一番人気メニューは何ですか?と尋ねると、うちではホルモン焼きうどんが一番ですと言われ、じゃあそれを下さいと注文しました。

淡路の岩屋でも、ホルモン焼きうどんをやっているのは、うちだけですという口上がありました。

これまでの知識では、ホルモン焼きうどんといえば、岡山県の津山市や、兵庫県の佐用町が、B級グルメで有名でした。

このお好み焼き屋さんは、以前はフェリーボートの乗船客を相手にした食堂だったそうです。

それが、フェリーボートが衰退して、明石海峡大橋になると、岩屋の町は通過点になってしまい、人口はどんどん減って、今居る人といえば、高齢者ばかりだと言われました。

壁を見ると、岩屋の根性見せたれ!と、手ぬぐいに文字を染めて、岩屋中学校の名前が入っています。

てっきり奧さんと思っていたもうひとりの女性の方は、うちは奧さんじゃないんですと手を振って否定されました。

その方が、ところてんを食べますか?と、ホルモン焼きうどんを食べた後、ところてんを出してくれました。

ビールを飲んで、お酒も注文して、ホルモン焼うどんとお好み焼をいただいて、お通しもあって、ところてんもいただいて、全部で1800円だったので、あまりの安さに驚きました。

2016年5月12日(木)