老舗菓子屋「石村萬盛堂」が生み出したホワイトデーのお返しは、スナッフルスです。

せっかく石村萬盛堂が考えたホワイトデーなのに、お返しは石村萬盛堂の商品ではありませんでした。社長ブログ神戸/会社の出来事/社長から従業員へホワイトデー

ホワイトデーは、2月14日のバレンタインデーから、丁度1ヶ月後の3月14日です。

ホワイトデーは、どこから生まれたのでしょうか?

誰が考えたのでしょうか?気になって調べてみました。

まず、銘菓「鶴乃子」で知られる福岡市の老舗菓子屋「石村萬盛堂」が生み出したという説。

“君からもらったチョコレートを、僕のやさしさ(マシュマロ)で包んでお返しするよ”という意味を込めて、バレンタインのお返し用にチョコ餡を包んだマシュマロを1977年に考案。翌年の1978年3月14日に「マシュマロデー」をスタートさせたそうです。

一方、全国飴菓子業協同組合が運営するホワイトデー公式サイトによると、ホワイトデーが世に生まれ出たのは、1980年。

その2年前の1978年6月に、バレンタインチョコのお返しにキャンディーを贈る日として、全国飴菓子業協同組合が3月14日をホワイトデーと定めたそう。

ちなみに、「ホワイト」は純血のシンボル、すなわち「純愛」の意味が込められているのだそう。す。(エンジョイ!マガジンより)

バレンタインにしても、ホワイトデーにしても、背後には、菓子メーカーの戦略的経営があります。

はじめの頃は、単にお遊びと思っている内に、段々日本中に浸透してきて、参加しないと変わり者に思われたり、お返しをしないとケチと言われるようになってくると、無視出来なくなる存在です。

企業には虚礼廃止という考えがありますが、企業の中で女性・男性の社員が、バレンタインを贈ったり、ホワイトデーを贈ったりすることは、企業そのものの行為ではないので、虚礼廃止の対象にはならないようです。

まぁこのくらいいいかと思っている内に、どんどん参加する人は増えて、規模は大きくなっています。

我が社でも、社長に女子社員からバレンタインデーのプレゼントがあれば、1ヶ月後のホワイトデーには、お返しのプレゼントを用意するようにすっかり定着しています。

今年はどら焼きにするかスナッフルスにするか迷った結果、希望がスナッフルスの方が多かったので、多数決でこちらになりました。

スナッフルスは、北海道・箱館の人気洋菓子店です。

北海道箱館のお土産としても人気の、スナッフルスの「チーズオムレット」。

チーズオムレットはスフレタイプのチーズケーキで、スナッフルスの看板メニューとも言える商品です。いつもセットで買うのが、チーズオムレットの仲間の「蒸し焼きショコラ」です。

2月のバレンタインデー、3月のホワイトデーが終わると、次は5月のこどもの日です。

忘れていなければ、5月のこどもの日には、柏餅を配る予定です。

2016年3月14日(月)