2月3日は節分です。

毎年節分の日には、スタッフみんなで恵方巻を昼食に頂きます。 社長ブログ神戸/

節分の日に、社員の皆さんに恵方巻きを用意しました。

今年も、さんプラザ地下一階の「一寸法師」さんに太巻きをお願いしました。

松葉博雄は不在のため頂くことはできませんが、

2月3日に出社されている方全員に行き渡るよう、注文しています。

これだけ大量の巻き寿司を作るのも大変だと思います。

社員の皆さんは、お昼休みに頂きます。

玉子、いか、穴子、きゅうり、しいたけ、高野豆腐など、具だくさんで大きな太巻きに、

これだけで満腹になった方が沢山いたようです。

2016年の恵方は「南南東」だそうです。

食べ方は、縁起物なので縁を切らないようにカットはせず、このまま丸かぶりです。

そして、恵方の南南東を向きながら食べます。

一寸法師さんのサービスで、

鬼のお面と福豆を入れてくれていました。

機運の高まるきっかけとなるのが節分。

節分には豆まきがあり、家にいる鬼を駆逐し、外から福を招き入れるという、伝統的な文化があります。

つまり、新しい年(立春)を迎える前日(立春の前日・節分 )に、鬼に豆をぶつけて邪気(おに)を払い、福を呼びこもうというわけです。

一寸法師の恵方巻は、とても立派で美味しいので、皆さんも大喜びでした。

この1本で充分満腹になるほどのボリュームがあります。

食べきれるかなぁ?と、皆さん言っていましたが、美味しさのあまり、皆さん休憩時間の間にペロっと1本食べきっていました。

2016年2月3日(水)