2006年 淡路島淡路市での、さんプラザコンタクトレンズの新入社員研修 その4~法令遵守(コンプライアンス)の研修~

寄せ鍋の材料

2日目の研修の夜は、全員で夕食を作りました。

淡路大磯研修所

今夜は寄せ鍋です。素材を松葉博雄は近くのスーパーに買いに行きました。

淡路大磯研修所

寄せ鍋は、材料を寄せることにあります。 今日の材料は、淡路産のたまねぎ、たこ、練り物のほか、鶏肉、春雨、カニ、鶏の軟骨、ねぎ、白菜、えのき茸、大根、豆腐、カキなど、まるで相撲部屋のちゃんこ料理のような豊富な材料に、松葉博雄が味付けを担当します。

社長がたこをさばいて味付けをしています

社長がたこをさばいて味付けをしています。

社長がたこをさばいて味付けをしています

社長がたこをさばいて味付けをしています

皆で料理を準備し、並べると、難しい料理もすぐできてしまいます。

淡路大磯研修所

最初、寒かった部屋も、ガスコンロの熱と、加熱器の効果で、だんだんと快適な温度になってきました。

淡路大磯研修所

ここに、さらに、内燃機関として、ビールとワイン、ゆすら梅酒などを、燃料にすると、体はポカポカと熱くなってきました。寄せ鍋が徐々にできあがって、おいしいスープになりました。

淡路大磯研修所

中に入れた材料がよかったのか、松葉博雄の味付けがよかったのか、どんどん鍋の中身はなくなっていきました。

淡路大磯研修所

大変な評判です。通称「大磯鍋」は大変な評判でした。

淡路大磯研修所

淡路大磯研修所

今夜も、食事の後は、飲み会に移ります。色々な話を聞きながら最後のまとめをしていきます。

淡路大磯研修所

深夜にまで及ぶ研修が終わり、だいたい企業理念について理解できたと思います。

淡路大磯研修所

2006年3月3日、今日はひな祭りです。淡路での研修は終わりました。

淡路大磯研修所

このまま会社に戻って、すぐ現場で働く人、あるいは後片付けをして帰る人に別れます。

淡路大磯研修所

明石海峡大橋の岩屋側の近くに、観覧車の新しい施設ができていました。

淡路大磯研修所

これから、ゆっくりと橋を渡って神戸に帰ります。今回の企業理念・経営理念に関する研修の成果は、その後の従業員満足につながるようになれば、社長として頑張った成果となります。

2006年3月3日(金)