遠交近攻戦略に基づき、弘前と青森のメルス加盟店の視察に行って来ます。社長ブログ/神戸の社長/コンタクトレンズメーカーブログ/メニコン

遠交近攻戦略は、メルスプラン加盟店にとっては、ぴったりの戦略です。 青森・盛岡 (1)社長ブログ/神戸の社長/コンタクトレンズメーカーブログ/メニコン

遠交近攻戦略に乗っ取って、 青森県の弘前市と青森市のメルス加盟店とメニコン直営店の2ヶ所の視察をしてきます。

この時期、東北地方は夏祭りが集中していて、伊丹空港から青森空港までの飛行機は、予約はとれませんでした。

とれたのは、三沢空港へのJAL便です。伊丹空港から、12:00発の三沢行きに乗ります。

メニコンの菊川紀幸さんと一緒です。菊川紀幸さんは、以前に青森・岩手地区を担当していた経験があります。菊川紀幸さんがいれば、東北ナビは心配ありません。

大阪空港(伊丹空港)に来るのは、久しぶりです。以前は、ここから東南アジアの各国へ飛び立つ国際便が発着していました。

三沢行きの飛行機は、12時ちょうどの出発予定です。出発までの時間、菊川紀幸さんと、松葉博雄と奥さんの3人で、昼食を頂きました。

青森県を訪れるのは、今回が初めてです。これまで青森県とはご縁がありませんでした。それが、メルスプランがご縁となり、加盟店同士の交流が始まりました。

これが、戦国時代、魏の范雎が唱えた天下征服の策略で、秦の昭襄王が採用した戦略で言う『遠交近攻』です。私達は、近隣の企業間競争にさらされています。特に、低価格競争に陥っています。

これを回避出来るのは、定額会員制のメルスプランです。メルスプランの加盟店同士は、お互いに協力し合って、会員へのサービスを補完し合う事が出来ています。

メルスプランの会員であれば、加入元が弘前であっても、青森であっても、神戸であれば、さんプラザコンタクトレンズで、メルス会員としてのサービスを受けることができます。

これが、近隣の価格競争を仕掛けてくる、競争企業と戦い、遠くのメルス加盟店同士が補完し合って助け合う、遠交近攻戦略です。

大阪空港から三沢空港まで、飛行時間は1時間35分です。しかし、飛行機のことなので、こんなに予定通りにはいきません。

三沢空港の近くに近づくと、神戸空港から沖縄空港に行く時に見える景色とは、かなり違っていることが分かります。なだらかな丘陵が続き、森が何カ所かに固まって続いています。

なるほど、これが青い森が集まっている、青森県かと納得しました。

三沢空港は、基地のある空港です。空港ロビーにも軍用機の模型が展示されていました。

三沢空港から弘前市に向かって、陸路で南下していきます。まずはタクシーで三沢空港から、三沢駅に向かいます。

三沢空港は、こじんまりとした空港です。こじんまりとしていても、三沢空港には特徴があります。三沢空港は、在日米軍・航空自衛隊、そして民間航空の三者が共同使用する共用空港なのです。

利用したタクシー会社は、三八五交通株式会社で、運転手さんは荒岡孝治さんです。なかなかサービスが良いなと思いました。

青い森鉄道 みさわ駅に到着です。

8月の初旬であれば、東北であろうと、神戸であろうと、午後2時頃の気温は30度を超えて、じりじりと太陽が照りつける酷暑です。

飛行機から見た、三沢周辺の光景は、森の豊かな、自然の豊かな、訪れてみたい地域に見えました。このまま、次の場所に移動するのは、勿体ない限りです。現実は、そうも言っていられません。青い森鉄道の発車時間がせまっているのです。

2014年8月3日(日)